町田啓太が赤楚衛二をお姫様抱っこ......見つめ合うふたりにファン「顔が天才」/『チェリまほ』第5話

2020/11/ 6 15:30

大人気BL漫画を原作としたドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』第5話で、町田啓太が赤楚衛二を"お姫様抱っこ"するシーンが放送された。至近距離で見つめ合うイケメンふたりに、視聴者が盛り上がっている。

サムネイル
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』第5話


あのシーンもこのシーンも"顔が天才"!? 町田啓太と赤楚衛二の"お姫様抱っこ">>

同ドラマは、「チェリまほ」の愛称で親しまれる、累計80万部を突破した豊田悠の同名コミックが原作。童貞のまま30歳を迎えた主人公・安達清(赤楚衛二)が、「触れた人の心が読める魔法」を手に入れたことから始まるラブコメディだ。イケメン同期・黒沢優一(町田啓太)から向けられる恋愛感情に気付いた安達はどうする!?

11月5日に放送された第5話で、安達は、黒沢が元カノらしき女性と一緒にいる現場を目撃してしまった。なぜか動揺する安達は、自分の中に生まれた"ある感情"に気づくのだった――。

第5話では、ふらつく安達を黒沢がお姫様抱っこするシーンもあった。自分よりも背が低いとはいえ、成人男性である安達を軽々と持ち上げる黒沢がかっこいい......。「全然大丈夫じゃないだろ」と心配する黒沢と、彼に抱きかかえられた安達、イケメンふたりが見つめ合う姿にこちらもドキドキさせられる。

今回の"お姫様抱っこ"に、Twitter上ではファンが「男性同士でこんな美しいお姫様抱っこみた事ある?」「お姫様抱っこならぬ王子様抱っこに悶絶」「町田啓太氏が王子様過ぎて過呼吸」「マジで安達、可愛いの天才だな」と大興奮だった。イケメンふたりのもどかしい恋模様は好評で、ひとつひとつのシーンに対して、「顔が天才」という称賛の声が寄せられている。

あのシーンもこのシーンも"顔が天才"!? 町田啓太と赤楚衛二の"お姫様抱っこ">>

(文/藤原利絵@HEW