田中圭の"階段落ち"演技が圧巻! 血まみれ姿にファン「輸血したい」/『先生を消す方程式。』第2話

2020/11/ 9 14:45

テレビ朝日系ドラマ『先生を消す方程式。』第2話で、田中圭が階段から転落するシーンを演じた。見ていて痛々しいリアルな演技はもちろん、流血したボロボロの田中も「最高」とファンが称賛している。

サムネイル
『先生を消す方程式。』第2話


血まみれの田中圭もかっこいい? リアルすぎる"階段落ち"シーン>>

『先生を消す方程式。』は、名門私立高校を舞台に、教師・義澤経男(田中圭)と、彼に殺意を抱く生徒たちがバトルを繰り広げる学園サスペンス。ヒットメーカー・鈴木おさむが脚本を担当するオリジナル作品だ。

問題児が集う3年D組の担任になった義澤は、副担任・頼田朝日(山田裕貴)という良きサポート役に恵まれた。しかし、実は頼田は生徒を煽(あお)って義澤を陥れる裏の顔を持っている。11月7日に放送された第2話では、頼田が生徒のひとりを脅し、義澤の殺害を企てた。生徒に呼び出された義澤は、階段から突き落とされてしまう......!

階段から転げ落ち、激しく体を打ち付けた義澤。目を見開いたまま微動だにせず、頭部から流れた血が血だまりになっている......。翌日のシーンでは、義澤が包帯だらけの状態で再び登場しているが、その姿は見ていて痛々しい。

田中のリアルな演技をファンが称賛しており、Twitter上では、「本当に死んでしまったように見えるの地味にすごい」「あの瞬間の死んだ目やばい」といった声が上がっている。また、血まみれ姿や包帯を巻いたボロボロの田中に対し、「階段から落とされても顔がいい義経先生」「包帯グルグルの田中圭に最高にときめきました」「血塗れの義経先生の美しさたるや」「私O型です!!! 輸血してください!!!」といった声も寄せられている。

血まみれの田中圭もかっこいい? リアルすぎる"階段落ち"シーン>>

(文/藤原利絵@HEW