兄の死、病気発覚......レジェンド声優・松本梨香が『深イイ話』で壮絶半生をテレビ初告白

2020/11/10 17:48

アニメ『ポケットモンスター』の主人公・サトシ役などで知られる声優の松本梨香が、11月9日に放送された日本テレビ系『人生が変わる1分間の深イイ話』に登場。障がいを持つ兄を支え続けたことなど、壮絶な半生をテレビで初めて明かした。

サムネイル
『人生が変わる1分間の深イイ話』テレビ初共演!有名兄妹に密着


トイレの壁代に1000万円! 松本梨香の自宅がすごい>>

同番組では、松本の私生活に密着。その中で松本は、生まれながらにして言葉が話せず、足に障がいを持つ兄がいたことを告白。「兄ちゃんを受け入れてくれないような友達はいらない」と、兄を第一に考えて生きてきたことを明かした。

しかし、兄は突然他界してしまい、追い打ちをかけるように松本自身も結核を患ってしまった。当時の松本は、父の劇団を継ぐことを目標に舞台役者として活躍していた。そんな時期に、最愛の兄と自身の夢を同時に失ったことは想像を絶するほどの苦しさだっただろう。涙ながらに回想する松本だが、そんな彼女を救ったのが「声優」という仕事だったという。当時の松本を救った、声優仲間の山寺宏一がかけてくれた言葉とは――?

また、密着取材では、防音室を完備した松本の3SLDKの自宅が公開されたほか、歌手仲間とリモート会議をする様子も放送された。画面越しに、山野さと子、井上あずみ、高橋洋子といった大物歌手が一堂に会しており、豪華な顔ぶれにスタジオ一同も驚いた様子だった。

トイレの壁代に1000万円! 松本梨香の自宅がすごい>>

(文/藤原利絵@HEW