イケメンセラピストが語る"女性向け風俗"の世界とは? 「2秒に1回絶頂させる」

2020/11/13 18:13

女性向け風俗で働くイケメンセラピストたちが、テレビ東京系『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』に登場。20代女性が殺到するという女性向け風俗の世界について、金銭事情も含めて赤裸々に明かした。

サムネイル
『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』


女性向け風俗で働く、タイプの異なるイケメンセラピストたち>>

11月12日に放送された同番組では、全国25カ所で展開する進化系女性専門風俗「東京秘密基地」を特集した。同店で働くセラピストたちも紹介されたが、たしかにイケメンばかり! 不動の人気ナンバーワンである28歳のHIKARUさんと、ナンバーワンから社長にまで上りつめた32歳の一条はじめさんは、実際にスタジオに登場した。

ジャニーズ系のHIKARUさんは、1ヵ月先まで予約がほぼ埋まっているほどの超売れっ子。一方の一条さんは、スーツが良く似合う大人っぽい雰囲気で、「テクニック部門」で評価されているらしい。

「東京秘密基地」創業者である和宮良摂さんも交え、スタジオでは、「ファンマ(ファンタジーマッサージ)」「プラチナフィンガー」「ベロの千手観音」など女性を快感に導くさまざまなテクニックが紹介された。「2秒に1回絶頂させる」「肩の上にタオルを乗せて、つまんで上げ下げするだけで......」といった発言に、スタジオ一同、半信半疑ながらも興味をいだいた様子だった。

また、一条さんは「年収1億円くらい」と金銭事情まで告白した。ラーメン店を経営したものの、業績が悪化し、一時は借金を1000万円以上抱えたという一条さんの波乱万丈な人生も明かされた。

女性向け風俗で働く、タイプの異なるイケメンセラピストたち>>

(文/原田美紗@HEW