なにわ男子の西畑大吾・道枝駿佑・高橋恭平・大橋和也が奇跡の動画撮影に挑戦!

2020/11/16 17:00

毎週月曜深夜に放送中の『なにわからAぇ! 風吹かせます!』。11月16日(月)は、なにわ男子担当の「なにわイケメン学園」をお届け。西畑大吾・道枝駿佑・高橋恭平・大橋和也の4人がロケに出た今回は、過酷な撮影の末、奇跡を起こしたあの感動を再び!ということで、インターネット上でバズるような奇跡的な動画撮影に挑む「目指せ!キラキラミラクール男子!」の第2弾をお届け。今回はピンポン球やフリスビーを使ったミラクル動画撮影に挑戦。運動神経やコンビネーション、運までも問われる挑戦だが、はたして奇跡は起こせるのか!?

サムネイル
『なにわからAぇ! 風吹かせます!~なにわイケメン学園×Aぇ! 男塾~』#47 なにわイケメン学園


道枝駿佑の盛大な空振りにメンバーから"戦力外通告"が...>>

最初に挑むのは「ピンポン・ザ・ヒッティング」。ドライヤーの風で浮かせたピンポン球を3人でリレーして運び、最後のひとりがバットで打ち、的となるドラに当てれば成功。まず足を引っ張ったのは、高橋。7回連続で失敗してしまい、「マジ無理っす、ほんまできひん」と、大橋とポジションチェンジ。そんな大橋は交代後すぐに「それは良いん!?」(高橋)とメンバーも驚く反則スレスレの方法で成功させ、余裕の笑みを浮かべる。しかし、「マジでわからん、どうするん!?」と、西畑までもがパニクってしまい、成功の兆しは見えない。

4人目の"バット担当"道枝まで到達したのは、なんと41回目のチャレンジ。ようやく届いたピンポン球に周りの期待は高まるが、道枝は盛大に空振り。「道枝さんだめやわ」(西畑)と、4人目の担当から戦力外通告が告げられる。

その後も一向にドラを打ち鳴らせない4人はポジションチェンジを繰り返す。体力ばかりが削られ諦めムードになるも、「キラキラミラクール男子」第1弾で誕生した、大西流星による伝説のキャラクター"右目ピンポン球星人"の力も借りながら、さらに何十回とめげることなくチャレンジ......。彼らはドラを打ち鳴らすことができるのか?

続いてのチャレンジ「ロングディスクスロー」では、チャレンジ系動画で人気のフリスビーを使用。約15メートル離れた場所からバスケットゴール目がけてフリスビーを投げ、ゴールを狙う。「俺とハンデあるで」と、当番組で"フライングディスク"を経験し、フリスビー技術を習得済みの大橋は自信満々。「一発で入る」と豪語する大橋が、まさかの奇跡を起こす!?そんな大橋が、西畑のゴールをアシストすべく"友情を高める思い出話作戦"を実行。「だいちゃん(西畑)が悩んでる時、新幹線で俺の隣に来て......」と大橋の思い出話に「事実やないか......」と動揺してしまう西畑。最後までゴールを決められないメンバーは、「みんなのフォローが痛いわ」と言いながら、黙々とフリスビーを投げまくるが......。今回も超過酷な試練を乗り越え、奇跡の動画撮影を成功させることができるのか?

なおこの番組は、放送終了後、関西以外の方にも楽しんでいただくため、無料動画配信サービス「GYAO!」にて、全国独占配信される。そのほか、番組連動のオリジナル動画『なにわコスプレ名言学園』も「GYAO!」で無料配信。今回はなにわ男子が"応援団"のコスプレに挑戦。

さらに、放送後に最先端技術を駆使して制作された番組オリジナルのXRコンテンツ「なにわイケメン学園ホームルーム」が臨場感溢(あふ)れる視聴体験を実現するソフトバンクのコンテンツ配信サービス「5G LAB」で無料配信される。VR(仮想現実)&マルチアングルで「なにわイケメン学園」が舞台の即興ドラマや反省会を楽しむことができる。今回の即興ドラマのお題は"学級委員長"。「5GLAB」はソフトバンクユーザーに限らず、利用可能。

■ロケ後コメント
西畑:なにわ男子のいいところって否定しないところなんですよ。何かに失敗しても責める人もいないですし、いい関係性やなぁと改めて思いました。
道枝:そうやね、僕はフリスビーのときにみんながすごく励ましてくれて、感動しました!
高橋:僕と大橋君は、フリスビーでゴールするのが早過ぎてごめんなさいですかね(笑)。
大橋:そうやなぁ。お笑い的に言うと僕が一番下手くそで終わりたかったですけどね(笑)。
西畑:そういう自慢はちょっとうざいですけどね。ピンポン球は最後の方楽しかったよな。できるようになるまでは、正直しんどかったけど。
高橋:できひん状態からできるようになるまでの過程もおもしろかったし、俺も最後の方は楽しかった。スタッフさんもすごい応援してくれたし。
大橋:なにわ男子は諦めない心がすごいですね。
高橋:次は7人全員でミラクールやりたいです!

道枝駿佑の盛大な空振りにメンバーから"戦力外通告"が...>>

(文/トレンドニュース編集部)