『M-1グランプリ 2020』敗者復活戦の「ワイルドカード」がGYAO!にて独占開催決定!  準々決勝ネタも先行配信中

2020/11/20 15:02

動画配信サービス「GYAO!」では、ABCテレビ・テレビ朝日系列にて生放送される漫才頂上決戦『M-1グランプリ 2020』をより楽しむことを目的とした『M-1グランプリ 2020特設サイト』を展開。特設サイトでは、『M-1グランプリ 2020』2回戦、準々決勝のネタ映像を無料配信するほか、準々決勝で敗退した出場者のネタ映像から視聴人数が最も多かった1組が準決勝に復活できる「GYAO!」ワイルドカードが11月20日(金)より今年もGYAO!独占で実施されている。

サムネイル
『M-1グランプリ 2020』GYAO!ワイルドカード


M-1グランプリ2020 GYAO!特設サイト>>

■GYAO! ワイルドカード特別企画概要
内容:準々決勝で敗退した出場者のネタ映像で視聴人数が最も多かった1組が準決勝に復活できる企画。※ただし、敗者復活戦への出場権は与えられない。
ワイルドカード対象期間: 11月20日(金)15:00 ~ 11月25日(水)14:59(予定)
準々決勝ネタ映像配信期間: 11月20日(金)15:00 ~ 12月20日(日)時間未定

■M-1グランプリ 2020概要
昨年の放送で、平均視聴率17.2%(ビデオリサーチ調べ)と高い視聴率を記録。『M-1グランプリ 2019』決勝にはインディアンス、ミルクボーイ、オズワルド、見取り図、かまいたち、ぺこぱ、からし蓮根、すゑひろがりず、ニューヨーク、和牛の10組が出場。決勝初出場のミルクボーイがテレビでの漫才披露が2019年初だったにもかかわらず、史上最高681点を叩(たた)き出し、令和初の漫才日本一に輝いた。
出場資格はプロ・アマ問わず、結成15年以内のコンビであること。"とにかく面白い漫才" を基準に審査、いま一番おもしろい漫才を競い、優勝者には賞金1,000万円が授与される。また、今年の総エントリー数は過去最多の5081組ということで話題を集めている。

M-1グランプリ2020 GYAO!特設サイト>>

(文/トレンドニュース編集部)