"SMの女王"谷ナオミが縛られ......日活ロマンポルノの名作『生贄婦人』を無料配信中

2020/11/19 18:33

"SMの女王"の異名を持つ谷ナオミが主演した映画『生贄婦人』(1974年公開、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて11月23日23時59分まで無料配信中。日活ロマンポルノにおけるSMシリーズの第2弾だ。

サムネイル
映画『生贄婦人』


衝撃の排泄シーン......これが"SMの女王"の柔肌だ!>>

旧家の若奥様である秋子(谷ナオミ)は、家出した夫の国貞(坂本長利)と再会したことにより、SMの世界にのめりこんでいく――。小沼勝監督×谷ナオミの名タッグによる、『花と蛇』に続くSMシリーズ第2弾。官能小説の大家である故・団鬼六さんが絶賛したことで知られている。

緊縛、股間へのロウ責め、夫の目の前での排泄(はいせつ)など、本作では、センセーショナルな描写が次から次へと繰り出される。しかし、目を背けたくなるどころか、不思議と引きつけられてしまうのは、小沼勝監督の耽美(たんび)な作風によるものか、谷ナオミの美しさによるものか......。ちなみにイラストレーターのみうらじゅんは、谷の大ファンであることを公言している。

日活ロマンポルノは数多くの名匠、名優を輩出し、現代ではイロモノどころか、"映画通こそ注目するジャンル"のように再評価されている。「10分に1回の濡(ぬ)れ場」といったルールの元で発揮されるクリエイティビティは、海外にもファンが多く、『生贄婦人』も評価の高い1作だ。本作をきっかけに奥深い日活ロマンポルノの世界に足を踏み入れてはいかがだろうか?

衝撃の排泄シーン......これが"SMの女王"の柔肌だ!>>

(文/原田美紗@HEW