"心を燃やせ!"『鬼滅の刃』炭治郎を演じる花江夏樹の「これからの物語」/『情熱大陸』

2020/11/20 16:59

幅広い世代で人気を誇る『鬼滅の刃』。10月に公開された「鬼滅の刃 無限列車編」は、公開1カ月を迎えるが、客足は途絶えることなく盛況が続く。主役の竈門炭治郎役を演じるのが、声優・花江夏樹。

サムネイル
『情熱大陸』声優・花江夏樹


『情熱大陸』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

2011年に声優デビューして以来、数々の人気アニメの主演を務め、2019年には第14回声優アワードで主演男優賞を受賞。透明感のある声と、喜怒哀楽の機微を表現する演技力に定評があり、いま声優界を牽引(けんいん)する人気声優の1人だ。そんな花江の素顔は、「人見知り」「なるべく目立ちたくない」......。撮影初日から、実は映像に映るのも苦手と言いながら、密着が始まった。

しかし一方で、「新しいことには、なるべく挑戦する」というのをモットーとしており、声優業を軸に、さまざまなことに挑戦をしている。ラジオや、歌、番組のMC...時には舞台に上がって漫才まで。声優界では先駆けて、YouTubeにも挑み、ゲームの実況動画などをアップし、チャンネル登録数は178万人(2020年11月現在)を誇る。

この秋、人見知りの花江が、カメラを自宅に招き、普段見せない素顔を見せてくれた。趣味のものや愛猫に囲まれて、ポツポツと今思うことを語りだす。また、双子の女児が生まれ、人生初の経験となる子育てが始まった。全ての経験が、ゆくゆくは自分の演技力につながり、声に宿る......新たなステージで、子育てと声優業に邁進(まいしん)する、花江の挑戦を見つめた。

■花江夏樹(はなえ・なつき)
1991年、神奈川県出身。2011年、声優デビュー。
2013年、『凪のあすから』の先島光役で主演を務めて以来、『東京喰種 トーキョーグール』金木研役や、『四月は君の嘘』有馬公生役など、多くの人気作品で主演を演じる。
2014年、声優アワードで新人男優賞を受賞、2019年には主演男優賞を受賞。
趣味のゲームを生かしてYouTubeで個人名義のゲーム実況を行うなど、多彩な活動が注目されている。チャームポイントは眼鏡。家族と2匹の猫を、こよなく愛する。

『情熱大陸』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

(文/トレンドニュース編集部)