田中圭、山田裕貴と"狂気対決"! 高笑い&絶叫演技にファン「むしろ大好物」/『先生を消す方程式。』第4話

2020/11/24 16:50

テレビ朝日系ドラマ『先生を消す方程式。』第4話で、主人公の教師・義澤(田中圭)が黒幕・朝日(山田裕貴)と対峙(たいじ)した。いつも穏やかな義澤の豹変(ひょうへん)ぶりが、視聴者を恐怖させるとともに大好評だ。

サムネイル
『先生を消す方程式。』第4話


義澤(田中圭)、ファンから「むしろ大好物」と称賛された"狂気演技"は必見! 黒幕・朝日(山田裕貴)との対決は衝撃すぎる展開に......!?>>

『先生を消す方程式。』は、名門私立高校・帝千学園を舞台に、教師・義澤経男(田中圭)と、彼に殺意を抱く3年D組の生徒たちがバトルを繰り広げる学園サスペンス。ヒットメーカー・鈴木おさむが脚本を担当するオリジナル作品だ。

頼田朝日(山田裕貴)は、3年D組の副担任で、義澤の良きサポート役......というのは表の顔。実は、裏では生徒を煽(あお)って義澤を陥れようとしている。11月21日に放送された第4話では、朝日が起こした悪事の証拠をつかんだ義澤が、彼に立ち向かった。

証拠を手に入れた義澤は、驚く朝日に向かって、「あなたのその顔、嫌いじゃないです。いや、大好物です!」と叫んだ。そして、「いつかこのときを待ってましたよ!」と高笑いした。義澤はこれまで常に穏やかな笑顔を見せていただけに、今回の豹変(ひょうへん)ぶりはかなり恐ろしい......。さらに、朝日に何度も殴りかかるシーンもあり、義澤の狂気的な一面が垣間見えた回となった。

Twitter上では「義経先生怖すぎ」「田中圭やばい」といった声が上がった。しかし、田中のクレイジーな演技はむしろ好評で、「狂った演技、大好物です。田中圭ってすげえわマジで」「狂気に満ちた笑い ゾクゾクした」「狂ってるケイタナカ嫌いじゃないです、むしろ大好物です!!」と称賛する声も続出している。

義澤(田中圭)、ファンから「むしろ大好物」と称賛された"狂気演技"は必見! 黒幕・朝日(山田裕貴)との対決は衝撃すぎる展開に......!?>>

(文/藤原利絵@HEW