『パラサイト』ポン・ジュノ監督による異色の怪獣映画『グエムル -漢江の怪物-』を無料配信中

2020/11/27 17:57

『パラサイト 半地下の家族』で韓国映画初のカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したポン・ジュノ監督の過去作『グエムル -漢江の怪物-』(2006年公開)を動画配信サービス「GYAO!」にて11月30日23時59分まで無料配信中。人間を襲う巨大怪物が大迫力の1作だ。

サムネイル
映画『グエムル -漢江の怪物-』


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

ソウルの中心を南北に分けて流れる雄大な河、漢江(ハンガン)に、突然、正体不明の巨大怪物<グエムル>が出現! 人々が次々と襲われる中、河川敷の売店で店番をしていたカンドゥ(ソン・ガンホ)の愛娘ヒョンソ(コ・アソン)もさらわれてしまう――。

ジャンルとしては、怪獣映画、モンスターパニック映画に分類されるのだろうか。しかし、本作で重点が置かれているのは、怪獣そのものというより、怪獣の出現によって起こる人間たちの変化だ。カンドゥは店番中も居眠りばかりで、客に提供する料理を盗み食いするようなダメ男。そんな彼が、愛娘のピンチで変わり、家族全員の絆が深まっていく。"怪獣映画"を見るつもりで『グエムル』を鑑賞したら、予想を裏切られるかもしれない。

また、ヒョンソを救出するための一家の奮闘は、時にドタバタぶりが笑いを誘う。そんな"シリアスな笑い"とでも言うべき描写は、後の『パラサイト』にも通じるものだろう。本国では観客動員数が1300万人を超え、当時における韓国映画史上ナンバーワンのヒットを記録したというのも納得。エンタメとして一級品でありながら、鑑賞後にはビターな余韻も残るはずだ。

『パラサイト』で主演を務めたソン・ガンホが、本作でも主演を務めているのにも注目! 同じ"ダメな父親"役でも『パラサイト』のギテクと、『グエムル』のカンドゥでは、またタイプが違っているのが面白い。さらにカンドゥは、いわゆる"プリン頭"の金髪なので、見た目の印象も大きく異なっている。ポン・ジュノ×ソン・ガンホの名タッグの過去作という意味でも、『パラサイト』にハマった人であれば『グエムル』も必見だ。

サムネイル
映画『グエムル -漢江の怪物-』


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

(文/原田美紗@HEW