『M-1グランプリ 2020』ファイナリスト9組が決定!「ニューヨーク」「見取り図」「オズワルド」らが頂点に挑む

2020/12/ 2 21:36

漫才頂上決定戦『M-1グランプリ 2020』の準決勝が12月2日に行われ、20日の決勝に進出する9組が発表された。アキナ、マヂカルラブリー、見取り図、錦鯉、ニューヨーク、おいでやすこが、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランドが名を連ねている。

サムネイル
『M-1グランプリ 2020』ファイナリスト決定!


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

2001年に始まった「M-1グランプリ」は、これまでフットボールアワーやチュートリアル、サンドウィッチマンなどの人気コンビを輩出してきた漫才日本一を決める大会。2010年に一度終了したものの、2015年から再び毎年開催されるようになった。2019年の前回大会では、ミルクボーイが、テレビでの漫才披露が2019年初だったにもかかわらず、史上最高得点の681点を獲得、令和初の漫才日本一に輝いた。

16回目の開催となった今年は、史上最多となる5081組のお笑い芸人がエントリー。8月1日に始まった1回戦を皮切りに、2回戦、3回戦、準々決勝と約4カ月にわたる熱戦が繰り広げられ、キュウ、ダイタク、カベポスター、オズワルド、ロングコートダディ、コウテイ、ニッポンの社長、ニューヨーク、タイムキーパー、ゆにばーす、おいでやすこが、滝音、マヂカルラブリー、学天即、からし蓮根、ランジャタイ、東京ホテイソン、アキナ、インディアンス、祇園、錦鯉、ウエストランド、見取り図、金属バット、ぺこぱの25組にGYAO!ワイルドカード枠のラランドを加えた26組が準決勝に駒を進めていた。

12月2日17時から行われた準決勝の結果、アキナ、マヂカルラブリー、見取り図、錦鯉、ニューヨーク、おいでやすこが、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランドの9組の決勝進出が決定。決勝当日に行われる敗者復活戦を勝ち上がった1組を加えた10組が、12月20日の決勝で漫才最強の称号をかけてぶつかる。

なお、GYAO!では出場者たちの予選ネタ映像などが見られる特設サイトを開設。決勝進出コンビのネタをチェックしてみては?

動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

(文/トレンドニュース編集部)