"セクシーゾンビ"田中圭と深夜の追いかけっこ!? 怖すぎ、しかし色気ありすぎ!/『先生を消す方程式。』第6話

2020/12/ 7 16:30

テレビ朝日系ドラマ『先生を消す方程式。』第6話では、殺されたはずの主人公"義経先生"こと義澤経男(田中圭)が、ゾンビとなって生徒を追いかけまわした。深夜の学校で繰り広げられる恐怖の"追いかけっこ"に、視聴者から「怖すぎて寝られない」といった声が寄せられている。

サムネイル
『先生を消す方程式。』出演の田中圭


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

『先生を消す方程式。』は、名門私立高校・帝千学園を舞台に、教師・義澤経男(田中圭)と、彼に殺意を抱く3年D組の生徒たちがバトルを繰り広げる学園サスペンス。ヒットメーカー・鈴木おさむが脚本を担当するオリジナル作品だ。

12月5日に放送された第6話では、生徒のひとりが行った怪しい儀式によって、死んだはずの義澤が復活。しかし、義澤の脳裏には、3年D組の生徒らに対する怒りの感情だけがよみがえったようで、これまでの温厚な彼とは全く違う"何か"に変貌していた。

復活した義澤は、顔や服が土にまみれ、生気のない顔はまるでゾンビのよう。深夜の学校にいた生徒たちをどこまでも追いかけ、ロープで絞め殺そうとする展開まであった。ヨロヨロと動いていたかと思えば、怪しい笑みを浮かべて突然猛ダッシュする"ゾンビ義澤"が怖すぎる! 逃げ惑う生徒たちを追い詰めたときの、「怯(おび)えた顔、嫌いじゃないです」というセリフもかなりホラーだ。

生徒を恐怖のどん底に陥れる田中の演技に、Twitter上では「ゾンビ化した義経怖すぎる」「ゾンビとおにごっこは怖すぎ」「怖すぎて寝られない」といった声が続出。一方、一部のファンの間では、"ゾンビ化"した田中の色気を称賛する声も多い。「ゾンビ義経、カッコ良い。襲われて悔い無し」「どうみてもセクシーなゾンビな義経先生」「色気ダダ漏れセクシーゾンビ義経」といった声で盛り上がっているようだ。

動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

10/22 デイリーランキング