林遣都の"世界一不器用な投げキッス"にファン悶絶!? 有村架純とのラブラブぶりに癒される/『姉ちゃんの恋人』第7話

2020/12/ 9 16:00

カンテレ・フジテレビ系ドラマ『姉ちゃんの恋人』第7話で、林遣都が披露した"投げキッス"にファンが大盛り上がり! ぎこちなさが逆に胸キュンだったようで、「世界一不器用でかわいい」「ファンサかと思った」と反響が起きている。

サムネイル
『姉ちゃんの恋人』第7話 幸せカップル続々誕生!姉VS弟の彼女


世界一不器用、しかしかわいすぎる林遣都の"投げキッス"......恋人役・有村架純とのデートシーンにもニヤニヤする『姉ちゃんの恋人』第7話>>

同ドラマは、主演・有村架純と、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』などで知られる脚本家・岡田惠和がタッグを組んだラブ&ホームコメディ。女手ひとつで弟3人を養う"肝っ玉姉ちゃん"安達桃子(有村架純)と、個性豊かな登場人物たちとの恋と家族愛が描かれる。

桃子(有村架純)は、真人(林遣都)が過去に起こした傷害事件について知っても、彼への恋心は変わらなかった。12月8日に放送された第7話では、真人も桃子の気持ちを受け入れた。

晴れて恋人同士となった桃子と真人の幸せムードにあふれていた第7話。仕事中の真人に、桃子が両手で手を振るシーンでは、真人も控えめながら手を振り返して、にっこりほほ笑んだ。さらに桃子が投げキッスをし、真人にもするよう求めると、ぎこちない動きで真人も"投げキッス返し"をした。「頑張ってね」「お疲れさま」と小声で会話し、照れるふたりにニヤニヤしてしまう......!

Twitter上では「吉岡真人による世界一不器用でかわいい投げキッス頂きました」「真人の慣れてない投げキスかわいすぎるだろ」「こんなかわいい投げキス見たことない」「ファンサもらった錯覚」とファンが大興奮。桃子と真人がデート中に間接キスしてしまうシーンもあり、ラブラブなふたりに「間接キスであわあわする真人さんかわいい」「中学生みたいなやりとりかわいい」「この2人のラブラブは癒し」といった声も寄せられている。

世界一不器用、しかしかわいすぎる林遣都の"投げキッス"......恋人役・有村架純とのデートシーンにもニヤニヤする『姉ちゃんの恋人』第7話>>

(文/藤原利絵@HEW