まるで宗教画のように美しい『チェリまほ』町田啓太×赤楚衛二の神々しいシーンまとめ

2020/12/10 17:07

大人気BL漫画を原作としたドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(以下、『チェリまほ』)は、黒沢(町田啓太)と安達(赤楚衛二)の笑えて萌(も)える恋模様が魅力。ファンから「まるで宗教画」と称賛された美しいシーンをまとめて紹介しよう。

サムネイル
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』第3話より


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

■原作者・豊田悠氏も太鼓判! 眼福の極みな「おでこキスシーン」(第3話)
会社の飲み会で行われた王様ゲームの中で、キスをする流れになったふたり。ギュッと目をつぶる安達に対して、黒沢は唇ではなく額にキスした。互いに目を閉じるふたりの横顔が美しく、原作者・豊田悠氏もTwitterで「ほぼ宗教画」と独特の表現でたたえている。

■イケメンふたりが夜景をバックに......ロマンチックな「キス未遂シーン」(第3話)
飲み会での"おでこキス"後、屋上で「嫌じゃなかったよ、おまえのキス」と言う安達を黒沢が引き寄せて顔を近付けた。夜景を背景にキス寸前なふたりの距離に、見ているこちらもドキドキ! 安達の首をがっちりつかんで離さない黒沢と、目が泳ぐ安達、このシーンのふたりも横顔が美しい。

■スーツ姿もバスローブ妄想もどちらも尊い「お姫様抱っこシーン」(第5話・第9話)
第5話では、ふらつく安達を、黒沢が颯爽(さっそう)とお姫様抱っこした。自分よりも背が低いとはいえ、成人男性である安達を軽々と持ち上げる黒沢がかっこよく、彼の腕の中に収まる安達がかわいい。第9話でも黒沢が安達をお姫様抱っこするシーンがあったが、こちらはふたりともバスローブ姿。さらに"ベッドドン"やキス寸前のシーンまであった。

■まるで慈悲深い女神様! 黒沢が安達に惚(ほ)れるのも納得な「介抱シーン」(第7話)
第7話の回想シーンでは、酒に酔った黒沢を安達が公園で介抱するシーンが美しかった。黒沢を膝の上に寝かせ、優しく胸を撫(な)でる安達の姿は、まるで慈悲深い女神様のようだ。

■あなたはどのシーンがお気に入り?
ファンから「常に神回」と称賛されている『チェリまほ』。今後も美しいシーンに期待できそうだ。

動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

恋人になる前の黒沢(町田啓太)&安達(赤楚衛二)のやりとりにも萌える! 最新話の放送前に『チェリまほ』第1話をおさらい!>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

10/26 デイリーランキング