Siriに「B'z 松本 年齢」と呼びかけると...? まさかの"暴走族化"に松本人志も「バズりそう」/『探偵!ナイトスクープ』

2020/12/14 17:54

朝日放送テレビ『探偵!ナイトスクープ』で紹介された"謎の現象"が、反響を巻き起こしている。その現象とは、iPhoneなどに搭載されたAIアシスタント「Siri」で起きるもので、ダウンタウン・松本人志も「バズりそう」と認めている。

サムネイル
『探偵!ナイトスクープ』Siriが暴走族!?


どうした、Siri! 検索ワード次第で延々と続く「ねんねんねんねんねんねん......」に爆笑。もっとも"アクセル音"が長くなった、意外な検索ワードを発表>>

12月11日に放送された同番組では、「スマホから暴走族の音!?」という調査依頼が放送された。番組に寄せられた内容によると、「Siri」に「B'z 松本 年齢」と呼びかけると、まるで暴走族がアクセルをふかしているような音で答えるそう。「ダウンタウン 松本 年齢」でも同様の現象が起こるが、どうやら検索ワードの組み合わせによって、"アクセル音"の長さが変わるようだ。お笑いコンビ・麒麟の田村裕が、一体どの組み合わせが一番音が長くなるか調査したところ......!? 田村は「Siri」の思わぬ"暴走族化"に大笑いで、「めちゃくちゃオモロイやん!」とコメントした。

番組放送前に松本人志が「本日の探偵ナイトスクープはバズりそう(バズる初めて使った)」とツイートしていた通り、たしかに自分でもまねしてみたくなる今回の企画。Twitter上では「Siriの暴走族めっちゃワロタ」「ホンマに暴走族のマフラー音みたいになった」「うちのiPhoneもちゃんと暴走族化した」「ねんねんねんねんねんねんねん」といった声が続出し、「Siri」がトレンド入りした。

どうした、Siri! 検索ワード次第で延々と続く「ねんねんねんねんねんねん......」に爆笑。もっとも"アクセル音"が長くなった、意外な検索ワードを発表>>

(文/原田美紗@HEW