浮気、モラハラ、無理やり性行為...『恋する母たち』のクズ夫に視聴者「今年のベストオブクソ」

2020/12/14 18:34

TBS系ドラマ『恋する母たち』第8話で描かれた、セレブ妻・まり(仲里依紗)の夫・繁樹(玉置玲央)の行動に対して、視聴者から批判が殺到。家事や育児に無関心で、さらに浮気もしていた繁樹がさらなるクズぶりを発揮した。

サムネイル
『恋する母たち』第9話(最終回)より


「俺って百発百中だな」「今度は子育ても楽しんでみたいな」......家事・育児に無関心だった浮気クズ夫の発言がありえなさすぎる!/『恋する母たち』第8話>>

同ドラマは、恋愛マンガのカリスマ・柴門ふみの同名コミックを原作に、恋愛ドラマの名手・大石静が脚本を務めたラブストーリー。同じ高校に通う息子を持つ3人の母親たちの、恋愛と友情の物語だ。

まりの夫・繁樹は、イケメンなエリート弁護士。結婚のパートナーとしては申し分なしのようだが、実際のところ、家事や育児は妻に任せっぱなし。しかも事務所の部下と不倫していた最低な男だ。

不倫騒動で地位も名誉も失った繁樹だが、心を入れ替えるかと思いきや、12月11日に放送された第8話では、さらなるクズぶりを発揮。嫌がるまりを相手に無理やり性行為に及び、その後、妊娠した彼女を無神経な言葉で傷つけた。「俺って百発百中だな」「上の子たちはオムツも替えてあげられなかったから、今度は子育ても楽しんでみたいな」と平気で言ってのける繁樹がもはや恐ろしい。

繁樹の一連の行動に対し、多くの視聴者から怒りの声が殺到。Twitter上では「今年のベストオブクソ旦那発言」「旦那がまりさんを襲うシーンは何度見ても寒気がする」「旦那はどん底に落ちてくれ~!」「早く離婚して」といった声が寄せられている。

なお、12月18日に放送される最終回では、まりがついに繁樹に離婚を切り出す。杏(木村佳乃)と優子(吉田羊)を含む3人の母親たちの恋愛の行方はいかに!?

「俺って百発百中だな」「今度は子育ても楽しんでみたいな」......家事・育児に無関心だった浮気クズ夫の発言がありえなさすぎる!/『恋する母たち』第8話>>

(文/藤原利絵@HEW