地震情報 10月18日0時49分ごろ発生

地図
地域
渡島地方東部など
最大震度
3

今後の情報にご注意ください詳細

【インタビュー】シロとクロ「挫けてしまった心に寄り添う」

2020/12/17 12:00

動画配信サービス「GYAO」、ストリーミングサービス「AWA」のフォローアップのもと、日本工学院専門学校の学生がアーティストインタビューを行う、ネクストブレイクアーティストをプッシュするコラボレーション企画『G-NEXT』。

今回の選出アーティストは、12月11日に配信限定EP『Your Song』をリリースしたシロとクロ。爽やかロックとハードロックの2面を持ち合わせるサウンドスタイルに共感を生むリリック。新たにメンバーを迎え入れ新体制になった今、彼らにとっての音楽とは何なのか、変化がもたらす進化とは? 今後の活動への思いを訊(き)いた。

サムネイル
4人組歌モノロックバンド・シロとクロ


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

■本当にプロになる為、東京で音楽をやる為に

――まず、音楽を始めたきっかけを教えていただけますか。

日野遥希(以下、日野): 僕は中学校2年生の時に、BUMP OF CHICKENを聴いて、憧れを持って"ギターをやろう"と思い立ったのがきっかけです。高校になってからはバンドを組んでライブハウスに出たりしていましたね。

阿部千樹(以下、千樹): うちは音楽一家で、両親も祖母も音楽をやってたんです。なので昔から音楽に親しむ環境があって、自分もなにかやろうと思ったことがきっかけでドラムを始めました。高校に入ってからはライブハウスで演奏する機会も増えて、そこでボーカルの日野くんと出会って一緒にバンドを始めました。

下橋場舞人(以下、舞人): 俺は、部活の先輩が"楽器やんない?"と誘ってくれたのをきっかけに始めました。日野と同じようにBUMP OF CHICKENが好きだったんで、半年くらいずっと「天体観測」を弾いてましたね。そのあと2人と同じように、高校に入ってバンドを結成しました。活動していくに連れて"楽器、楽しいな"って思うようになって、今でも続けている状態です。

太田旭(以下、太田): 僕も中学ぐらいから音楽が好きになって、家に父のアコギが置いてあってので、それを弾いてました。気づいたら高校の頃にはライブハウスに出ていて。そのままあれよあれよと音楽系の専門学校に行って今に至ります。

――それでは、結成に至った経緯を教えてください。

日野:17、18歳の時に組んでいたバンドのメンバーが脱退したことがあって、改めてバンドを組む時に、本当にプロになるため、東京で音楽をやる為にバンドを組もうっていう決意で、"シロとクロ"を作りました。その時に同じライブに出演してた千樹と出会いましたね。

――その時に決めた"シロとクロ"という、バンド名の由来はありますか。

日野:よく訊(き)かれるんですけど、特に理由はなくて......(笑)。ただ、バンド名を決める前に、とりあえず"こっからやってこうぜ!"と決意して作った最初の曲が「シロとクロ」っていう曲だったんです。その曲名をバンド名にしました。

――先月、下橋場さんがメンバーに加わりましたが、4人体制となって、"環境が変わったな"と実感するときはありますか?

千樹:空気感的なことでいうと、うるさくなりました(笑)。レコーディングの時もそうですけど常に騒いでて、ほかのパートが録ってる時に茶々入れたりしています。

日野:前よりも会話が増えましたね。新しく舞人が入ってくれたから、"ここはこう演奏した方が良い"とか、3人の時よりもたくさんディスカッションができるようになって、音楽的にも空気感的にも良い雰囲気です。

――先日の配信ライブのMCの際に"3人のシロとクロは全く消え去りました"とおっしゃっていましたが、楽曲ではどういう風に変化がありましたか?

日野:純粋に音が増えるわけなので、広がりは3人の頃より変わっています。僕個人として感じるのは、音の厚みと同時に、歌詞に深みが出たかなって。3人の時よりも、もっともっと芯を突けていけるような言葉でつづれたものが多いです。

サムネイル
阿部「自分たちが正解だと思ったものを最優先にしたい。」


――逆に、変えたくない"芯"はありますか。

千樹:日野とバンド組み始めた頃から、いろんな音楽性でやりたいと思っています。あと、はやりを考えて作ることも多少はあるんですけど、基本的には自分たちが正解だと思ったものを最優先にしたい。ただニーズに応えていくっていうことは、今後も絶対変わらないと思います。

日野:千樹も言った通り、自分たちが本気でかっこいいと思ったものを発信していきたいっていう思いがあります。聴いてくれる人のことを考えつつ、"こっちのメロディの方が良いかな"と試行錯誤を重ねてできたものが、本気で"かっこいい"と思えているのかを第一にしています。それはこれからも大事にしていきたいですね。

太田:3人の時の味や空気感というものの中に舞人が入って新しいサウンドが増えたのですが、それを混ぜてさらに良いものを作りたいと思っています。なので、それぞれが味を出せるような制作をすることを、これからも変えずに心掛けていきたいです。

舞人:僕はもともとある3人の楽曲の空気感を壊さずにしようと心掛けていますね。サウンドが混ざったときに、良い化学反応になることを常に考えてやっています。

■脱ぐといいテイクがとれるというジンクス

――今作の配信限定EP 『Your Song』についてお伺いします。タイトル曲になりますが、「Your Song」がリード曲なのは当然ということでしょうか?

日野:いや、最初は全く違う曲だったんですよね。タイトルも「ヒカリ」といって、メロディも全然違ってたんですけど、スタッフと話し合った時に、もっと良くなるんじゃないかということでメロディを書き直したんです。そして、新しいメロディやアレンジが出来上がったときに自然とこの曲がメンバー全員の感覚的にマッチして、言葉にせずとも必然的にリード曲になりました。

サムネイル
日野「同じ心境の方に響けばうれしいです。」


――そうだったんですね。歌詞は経験したことから書くことが多いんですか?

日野:経験とか体験談ではなくて、自分の中でストーリーを作って、それを誰かに置き換えて心情を乗せていくという書き方をしています。僕が思ってることだけど、聴いてる人が自分に投影してくれるようにという意味を込めて作ってます。特にEPの中の「優しくなれたら」もそうですが、同じ心境の方に響けばうれしいです。

――このEPをどんな人に聴いてほしいという人物像があったら教えてほしいです。

日野:夢とか目標を持って自分の知らない広い世界には出たはいいけど、挫けてしまう人は少なからずいると思うんです。そういった人たちの心に寄り添って、"もうちょっとやってみよう"と思わせられるような作品だと思うので、そういう心境の方に聴いてもらいたいです。

――EPの中で特にこだわった曲や苦労した曲はありますか?

千樹:僕は「Jealousy」です。全面的にロックサウンドが強めな曲になっていて、ドラムを始めた当初からX JAPANみたいな激しい曲が好きなので、「Jealousy」は制作もとてもすごい楽しかったですし、フレーズも自分の引き出しの得意なところをガンガン詰め込めていると思います。今までで一番自分の音楽のルーツを落としこめましたね。

日野:僕は最後に収録されている「優しくなれたら」です。EPが完成に近づいている時に、あと1曲、もう少し人の心をちゃんと掴(つか)めるような曲を作ろうと迷っていた時にパッと思い浮かんだのがこの曲です。3拍子の曲は自分の中でも初挑戦ですし、何より歌詞にこだわりました。10代の頃の自分を、少し大人になった自分が振り返って書きました。前4曲を総括したようなことも書けたので、自分の中ではターニングポイントになった曲で、書けてよかったなと思ってます。

舞人:自分も「優しくなれたら」が一番のこだわりです。今まで自分がコピーしてきたギターサウンドとか、自分の好きな要素を一番この曲に落とし込めています。自分で良いなと思えるものを作れたらって常々思っているので、すごくシンプルだけど、録った後に聴いてそれを一番達成できたのがこの曲ですね。シロとクロでも、自分なりの表現ができるということを見つけられて良かったです。

太田:僕は「Your Song」ですかね。僕のルーツはJ-POPでaikoさんがとても好きなのですが、aikoさんの曲のベースも好きで、実はオマージュさせてもらったりしています。ニュアンスも自分の色というか、自分の好きなものを多めに出せた曲だったので特に楽しかったですね。

日野:ちゃんと、みんなの個性がちりばめられた作品になりました。

――「Your Song」「Jealousy」「優しくなれたら」の3曲に見られるのですが、"こぼれる"という表記が普段使われる漢字"零"ではなく、"溢"を使われています。この漢字を使用しているのは、意図があってのことでしょうか?

日野:僕が無意識のうちに使ってしまっている言葉でもあって、"こぼれる"というのは、思い通りにいかないという感情が滲(にじ)み出るワードかなと思っています。必死に全部持っていこうとしても、未熟だから"こぼれちゃう"。全部は持っていけない中で、どうしていくのかを表すのが"溢れる(こぼれる)"という言葉なのかなと思っています。

――今作のレコーディングの中で印象的なエピソードはありますか。

日野:とりあえずレコーディングめっちゃ押したなっていう......。フルアルバムでもないのに1カ月くらいかかりました(笑)。

千樹:あと、脱ぐといいテイクがとれるというジンクスが僕らにあって(笑)。

日野:僕と千樹だけですけど。

千樹:ちょっとうまくいかない時も脱いだら一発で決まるっていう。

日野:歌録りの時も脱ぐと声出るんですよね。

舞人:音と声色が変わるよね。本当にいつもの自分が出ているような感じがするんですよ。意味わかんないですけど(笑)。

千樹:それこそ「jealousy」のドラムを録ったときは、思った通りにいかなくて。でも脱いだら一発でOKでした。

サムネイル
下橋場「野球拳方式なんです。まずは上から、次に下って(笑)。」


――絶対的に一発で録れるとなったら本当にジンクスですね(笑)。

千樹:でも最初から脱いでたらダメなんですよね。

舞人:野球拳方式なんです。まずは上から、次に下って(笑)。

――なるほど(笑)。次にライブについてお伺いします。まず、コロナ禍以前のライブ活動と、コロナ禍での配信ライブの感覚はやはり違うものですか?

千樹:そうですね。配信ライブって直前までどんな感覚か自分たちでもわからなかったけど、いざ始めてみたら普段のライブとは違った感覚はあるけど、結構熱量は乗っかって楽しかったです。

日野:無観客配信ライブと言えど、ライブの回数が少なくなると、1本の公演に向き合える時間が長くなるので、曲順や演奏方法などをよりシビアに考えるようになりました。曲の繋(つな)がりとか、"この曲、リスナーはどんな感情で聴くのか"ということを真摯(しんし)に考えるようになりましたね。

――ライブ前にやるルーティーンはありますか?

舞人:僕は必ずお酒を飲んでます。

――えっ、そうなんですか!?

舞人:"緊張しい"なんですよね。飲まないと手が震えちゃって、いつも弾けてたものが弾けなくなったりするので、ほろ酔い状態でやるのがルーティーンです。

――ほかのメンバーさんのルーティーンはありますか。

千樹:特にルーティーンとかはないですけど、基本的に、結構スタート直前までふざけてますね。気合入れていっちゃうと逆に緊張しちゃうから、入場SEが流れてる時も、ずっと世間話とかしています。出番の5秒前くらいまで"あ、その服かわいいね"とか(笑)。

日野:あえて平常心でいる。ラフで日常的でいることがルーティーンなのかな、バンドとして。

――先日開催してた無観客ライブでは、円形に立つことでメンバーの顔を見ながらの演奏だったと思うんですけれど、普段と違っていかがしたか?

日野:メンバーと演奏中に目を合わせるのはすごく大事だと思っていて、それだけで一体感が出ると感じています。ライブ中、それを常に感じながらの演奏だったので、とても良い環境でした。

千樹:基本的にスタジオではずっと円形でやってるので、普段通りの姿も見せることができたのではないかと思います。

――ライブをする上で大切にしていることや、課題とかはありますか?

舞人:ライブは音源とはちがって、聴覚だけじゃなく視覚も使うのでダイレクトに伝わるものだと思うんです。なので、日野が作った曲をレコーディングの時よりもっと忠実に表現して伝えられるようにしたいと常々思っています。

――コロナを抜きにして今後やっていきたい目標はありますか?

日野:ライブが今まで通りできるようになったら、どんどんキャパシティを上げて、いずれは結成当初からの、"東京ドームでのライブ"という目標に到達できるような道のりを歩んでいきたいと思っています。あと、タイアップ曲を書き下ろすのをやったことがないので、それは必ず、近い将来で実現したいと思っています。

スタッフ:ちょっとプレッシャー来てますかね......。

一同:(笑)。

日野:アニメとか映像作品とか、みんなが見るようなものの主題歌をやって、国民的な、歴史に語り継がれるような、音楽史に残るような名曲を必ず生みたいということもひとつの目標ですね。

サムネイル
太田「ライブが僕の生きがいだということに気づきました。」


――では最後に。みなさん各々にとって、"音楽"とは何ですか?

千樹:音楽って、ぶっちゃけただの娯楽の一部であって、極論、なくてもいいものじゃないですか。でも、あると良いなぐらいの"人生の付加価値"という位置付けだと思うんです。自分たちの音楽も、そういった人生のプラスアルファ的なものでありたいです。

日野:僕にとっては"よりどころ"です。もし音楽がなかったら、本当にしょうもなかったんじゃないかと思ってて。音楽をやってきて知ったこと、出会った人がいて、自分もどんどん成長できたなと思うので、本当に音楽が"よりどころ"だと感じています。

舞人:自分にとっての音楽は"当たり前のもの"ですかね。別に"なくてもよいもの"だと思うんですけど、自分の近くに"勝手にある"というか、そういう感覚がしてる。だから自分の中では"なくせないもの"だと思いますね。

千樹:白米みたいな?

舞人:あー、そうかもな!"白米"です!

太田:僕にとっての音楽は"楽しみの一部"です。コロナ禍に入って気づいたことが1つあるんです。ライブが僕の生きがいだということに気づきました。音楽は"楽しみ"だけど、ライブは"自分の生きる意味"だったのかなと感じるようになりました。でもやっぱり結果的に、音楽もライブも、楽しんで活動していけたらなと思います。

サムネイル
取材したメンバーと一緒に撮影


サムネイル
シロとクロ


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

シロとクロ公式サイト(外部サイト)>>

シロとクロ公式Twitter(外部サイト)>>

■商品情報
配信限定EP『Your Song』2020年12月11日リリース(日本コロムビア)

■シロとクロ
日野遥希(Vo,Gt)、阿部千樹(Dr)、下橋場舞人(Gt)、太田旭(Ba)の4人からなる、山陰発、歌モノロックバンド、シロとクロ。 2015年夏、地元山陰にて結成。東京への拠点移動を経て活動中。 2018年5月にはファースト mini album「夜の隙間で」をリリースし、 リード曲の「night walking」のMVは再生回数32万回を超え話題を集める。 さらに同年に開催された「RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 18/19」では 優勝を果たしステージ権を獲得、2019年10月「ツタロックDIGVol.9」に 楽曲が選出された。さらに同年11月には日本コロムビア主催オーディション 「Project110」でグランプリを獲得した。また、2020年11月から新メンバー・下橋場舞人(Gt)を迎え、4人体制に。 12/11に新体制後初のリリースとなる配信限定EP『Your Song』をリリースする。爽やかロックとハードロックの2面を持ち合わせる彼らのパフォーマンスや 丁寧に作りこまれたサウンドはリスナーの心を掴(つか)んで離さない。

■トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

取材:椎名康予、須藤大晴(日本工学院専門学校・蒲田校 コンサートイベント科)
撮影:石原汰一