そりゃ"逆輸入"もされるわ! ディーン・フジオカ、出世作での高校生役がツヤツヤフレッシュ

2020/12/17 18:19

もともと台湾を拠点に活動し、日本へと"逆輸入"された歌手で俳優のディーン・フジオカ。そんな彼の初主演ドラマ、2006年に台湾にて放送された『スクールロワイヤル~極道學園~』全20話を動画配信サービス「GYAO!」にて12月23日23時59分まで無料配信中。

サムネイル
『スクールロワイヤル~極道學園~』


まだ20代前半のディーン・フジオカの長髪×学生服姿がフレッシュ! 悪魔との死闘を描いた学園ドラマ『スクールロワイヤル~極道學園~』を無料配信中>>

福島県生まれのディーンは、香港でモデルとして芸能活動をスタートさせた。しかし、「台湾アイドルドラマの生みの親」と呼ばれる大物プロデューサーであるアンジー・チャイに見いだされて、台湾に拠点を移して出演したのが『スクールロワイヤル~極道學園~』だ。

ディーンにとって、本作は初主演ドラマであると同時に、北京語でのセリフも初挑戦、さらにアクションシーンと、チャレンジの連続だった。『スクールロワイヤル~極道學園~』は、ディーンが国際派俳優として第1歩を踏み出すきっかけとなった重要な作品で、ここでの努力が後の"逆輸入俳優"としてのブレイクにつながったと言っても過言ではない。

ディーンが演じるのは、黒武高校にやってきたミステリアスな高校生・新堂ディーン役だ。現在は大人の魅力で人気を集める彼だが、『スクールロワイヤル』の撮影当時はまだ20代前半。甘いマスクは今と変わらないが、フレッシュな雰囲気も、これはこれでたまらない! 学生服に長髪というのも新鮮だ。

また、ディーン自身がラップを担当したオープニング楽曲も必聴。歌手に俳優にマルチな才能を発揮する彼の原点と言える『スクールロワイヤル~極道學園~』は、"おディーン様"のファンなら要チェックの作品だ。

まだ20代前半のディーン・フジオカの長髪×学生服姿がフレッシュ! 悪魔との死闘を描いた学園ドラマ『スクールロワイヤル~極道學園~』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW