美少女たちの百合とドロドロ! 清水富美加、飯豊まりえ、清野菜名らが共演した映画『暗黒女子』がトラウマ級

2020/12/23 17:47

清水富美加(現・千眼美子)と飯豊まりえがダブル主演した映画『暗黒女子』を動画配信サービス「GYAO!」にて12月31日23時59分まで無料配信中。"イヤミスの傑作"と名高い小説を原作に、美少女たちのドロドロの愛憎劇が描かれている。

サムネイル
映画『暗黒少女』


清水富美加、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈......美少女たちの本性は? ラスト24分の怒涛の展開に驚愕! 映画『暗黒女子』を無料配信中>>

セレブ女子高生が通う、聖母マリア女子高等学院。ある日、学園のカリスマである白石いつみ(飯豊まりえ)が謎の死を遂げた。自殺か、他殺か? いつみの親友だった澄川小百合(清水富美加)は、サークルの会長を引き継ぎ、部員たちが「いつみの死」をテーマに自作の物語を朗読する会を開催する――。

『暗黒女子』は、イヤミス(後味の悪さを魅力としたミステリーのこと)で人気を集める作家・秋吉理香子による同名小説が原作。それだけに、これでもか! というほどヘビーな展開が満載だ。裏切りに次ぐ裏切りの物語を清水富美加、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈たち6人の美少女が演じるのだからたまらない。

時に少女たちはキス寸前の距離まで身を寄せ合い、いわゆる"百合"的な要素も魅力の本作。しかし、まるで絵画のように美しい触れ合いの裏では、ドロドロの本音が渦巻き......!  物語は5つ、動機と結末も5つ。暗黒の愛憎劇がたどり着く真実とは? ラスト24分の怒涛(とう)の展開には、度肝を抜かれること間違いなし。ショッキングな結末に、鑑賞後は放心させられそうだ。

サムネイル
映画『暗黒少女』


清水富美加、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈......美少女たちの本性は? ラスト24分の怒涛の展開に驚愕! 映画『暗黒女子』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW