林遣都の"不器用&雄み全開"キスに惚れる! プロポーズのシーンが「毎秒イケメン」/『姉ちゃんの恋人』最終話

2020/12/23 18:34

カンテレ・フジテレビ系ドラマ『姉ちゃんの恋人』最終話での、林遣都が演じるキスとプロポーズにファンが大興奮! 特に、クリスマスツリーの下で、林が有村架純に2回キスする場面が、ファンから「天才」と称賛されている。

サムネイル
『姉ちゃんの恋人』第9話(最終話)クリスマスに大サプライズ!つづけ幸せ


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

同ドラマは、主演・有村架純と、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』などで知られる脚本家・岡田惠和がタッグを組んだラブ&ホームコメディ。女手ひとつで弟3人を養う"肝っ玉姉ちゃん"安達桃子(有村架純)と、個性豊かな登場人物たちとの恋と家族愛が描かれる。

12月22日に放送された最終話では、クリスマスイブの夜に、桃子と恋人・真人(林遣都)の職場であるホームセンターで、パーティーが行われた。真人は、ふたりが出会うきっかけになったクリスマスツリーの前に桃子を連れ出して――。

「イヴだし、なんていうか、このツリーの前でキスしていいかな?」と真人に聞かれた桃子は、照れながらも「お願いします」と返答。ふたりは初めてキスを交わし、さらに真人が今度は何も言わずに桃子へキスをする場面もあった。その後、真人は桃子にプロポーズ。「桃子みたいな人はさ、フワフワとかフニャフニャとかしてる男と結婚するといいかもね......。例えば、俺みたいな」と、桃子が告白したときのセリフをまねする真人にときめく!

林が演じたキスとプロポーズに対し、視聴者から称賛の声が続出。Twitter上では「キスシーンが初々しくて素敵だった」「林遣都あんなフェロモン出せるなんて聞いてないよー!!」「2回目のキスやばない?」「林遣都のプロポーズ鬼尊い」「毎秒画面が美しいし愛おしい」「林遣都が天才で仕方ない」といった声が寄せられている。

動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

(文/藤原利絵@HEW