武井咲VS.安達祐実、"ビジュアル最強"悪女が泥沼バトル! あなたはどちら派?/ドラマSP『黒革の手帖~拐帯行~』

2021/1/ 8 16:36

女優・武井咲が約3年ぶりにドラマ復帰を果たしたドラマスペシャル『黒革の手帖~拐帯行~』(テレビ朝日系)が、1月7日に放送された。"稀代(きたい)の悪女"と呼ばれる主人公を演じた武井と、ライバルのホステス役・安達祐実、美女同士の共演に視聴者が歓喜している。

サムネイル
ドラマスペシャル『黒革の手帖~拐帯行~』


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

『黒革の手帖』は、これまで何度も実写化されている松本清張の同名小説が原作。2017年に放送された前作では、銀座のトップホステスである主人公・原口元子(武井咲)が刑務所行きになる結末だった。今回の新作では、出所した元子が、金沢で再び夜の世界に返り咲く姿が描かれる。前作でも主演を務めた武井咲は、結婚・出産を経て、今回のスペシャル版でドラマ復帰を果たした。

変わらぬ美貌で、再び"稀代の悪女"役を演じた武井。高級クラブのママにふさわしい、品のある白い着物姿はもちろん、不敵な笑顔も美しい。また、彼女のライバルであるホステスのレイナ役を演じるのは安達祐実で、露出度の高いドレスを色っぽく着こなしている。夜の世界で繰り広げられる女同士のドロドロがこれでもかと描かれる本作だが、武井も安達も、悪巧みする表情でさえ華がある......!

美女同士のバトルに、視聴者から称賛のコメントが続出。Twitter上では「武井咲めちゃくちゃ綺麗で目の保養」「武井咲の顔面相変わらず最強だな」「安達祐実の衰えない美しさなんなの」「安達祐実がヤバすぎる 美魔女すぎて視力よくなりそう」いった声で盛り上がっている。

動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

(文/藤原利絵@HEW