「好きっすよ」とささやかれ...ネアカ系先輩・桐山照史×距離なし後輩・中村嶺亜がBL風味!?/『ゲキカラドウ』第2話

2021/1/14 18:55

テレビ東京系ドラマ『ゲキカラドウ』(毎週水曜深夜0時12分~)は、激辛グルメに焦点を当てた"飯テロ"ドラマ。第2話では、会社の先輩後輩役を演じる桐山照史(ジャニーズWEST)と、中村嶺亜(7MEN侍/ジャニーズJr.)のBL風(!?)なシーンがあった。

サムネイル
『ゲキカラドウ』第2話


「僕はパイセンのそんな正直に落ち込むところ、好きっすよ」...距離感ゼロの後輩・篠宮亮介(中村嶺亜)の言葉にドキドキ!/『ゲキカラドウ』第2話>>

同ドラマは、「激辛道=ゲキカラドウ」を追求する男の成長を描いたグルメコメディ。飲食メーカーの東京支社に異動してきたサラリーマン・猿川健太(桐山照史)が、そこで出会う"変わり者たち"とともに、さまざまな激辛グルメを食らい尽くすストーリーだ。

1月13日に放送された第2話で、猿川は営業先の激安スーパーを訪れた。店を切り盛りする若社長から「うちと他のスーパーさんの違いって分かります?」と質問された猿川は、満足のいく回答ができず、撃沈してしまう......。

営業に同行した後輩の篠宮亮介(中村嶺亜)は、落ち込む猿川を「パイセン~。元気出してくださいよ~!」と励ました。お調子者でイマドキ男子な篠宮は、普段から猿川との距離感がかなり近い。さらに「僕はパイセンのそんな正直に落ち込むところ、好きっすよ」と冗談めかして伝えるシーンもあった。篠宮が猿川の自宅を突然訪れる展開もあり、ふたりの関係にBL的なものを見いだした視聴者もいたようだ。

明るく真面目な先輩役を演じた桐山と、距離感ゼロの後輩役を演じた中村......。ふたりの一連のシーンに対し、Twitter上では「耳元で『好きっすよ』とか言うし会社の飲み会後家に押しかけるしただの恋愛ドラマだった」「BL感がww」「篠宮くん!近いぞ!」「後輩中村嶺亜最強すぎ、可愛いが大爆発してるよ」「自宅にあんなかわいらしい後輩来たら正気を保っていられないだろ」といった声が寄せられている。

「僕はパイセンのそんな正直に落ち込むところ、好きっすよ」...距離感ゼロの後輩・篠宮亮介(中村嶺亜)の言葉にドキドキ!/『ゲキカラドウ』第2話>>

(文/藤原利絵@HEW