年下妻に「今夜シたいな」と誘われ...『年の差婚』夫婦がスリル満点の情事未遂

2021/1/20 18:35

ドラマ『年の差婚』(MBSほか、毎週火曜0時59分~)第5話で、24歳の妻・舞衣子(葵わかな)と44歳のイケオジ夫・晴海(竹財輝之助)のラブシーンが描かれた。すぐそばに知人がいると知りながらも、ふたりが情事に及ぼうとする姿にドキドキさせられる!

サムネイル
『年の差婚』第5話


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

同ドラマは、国内最大級の電子書籍サイト「めちゃコミック」で連載中の同名コミックが原作。24歳の箱入り娘な主人公・舞衣子(葵わかな)と、44歳でバツイチの晴海(竹財輝之助)が、スピード結婚したことから始まる"おじキュン"ピュアラブストーリーだ。

1月19日に放送された第5話で、晴海と舞衣子は、舞衣子のはとこ・理音(小野寺晃良)と偶然出会った。イタリアから帰国したばかりで住むところもお金もない理音を心配した舞衣子は、彼を居候させてほしいと晴海に頼み、つかの間の3人暮らしをスタートさせた。舞衣子と理音の親しげな様子のせいで、晴海は大人の余裕を保てず......!?

騒がしい理音が別室に移り、夫婦がふたりきりになると、舞衣子が「りっちゃん(理音)もいるし、こんなことを言うのもどうかなーと思ったんですけど......」と前置きしたうえで「今夜、その、シたいなぁと......ダメですか?」と晴海に"夜のお誘い"をかけた。晴海は驚きながらも「俺もシたいよ」と返し、ふたりはベッドへ......。しかし、キス寸前というところで理音の声が聞こえ、結局ふたりはそのまま眠ることになった。

未遂に終わってしまったとはいえ、別室に身内がいるにもかかわらず情事に及ぼうとするシチュエーションには、かなりドキドキさせられる。その後もふたりは理音に隠れて朝からいちゃいちゃしており、スリル満点のシーンが続いた。

動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

(文/藤原利絵@HEW