"太マッチョ"長瀬智也の回し蹴りを見よ! 新ドラマ『俺の家の話』のプロレス描写が大迫力

2021/1/25 17:36

主演・長瀬智也(TOKIO)、脚本・宮藤官九郎によるドラマ『俺の家の話』(TBS系、毎週金曜22時~)が1月22日より放送スタート。プロレスラー役を演じるにあたって、長瀬は10キロ以上の増量を敢行し、迫力ある試合シーンを演じている。

サムネイル
『俺の家の話』第1話


プロレスラー・ブリザード寿こと観山寿一(長瀬智也)がリングで大暴れ! 必殺技「寿固め」「ブリザードチョップ」がかっこいい!/ドラマ『俺の家の話』第1話>>

2000年4月期に放送されたドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)をはじめ、数々の人気ドラマでタッグを組んできた長瀬と宮藤。『俺の家の話』は、彼らがTBS連続ドラマで11年ぶりのタッグを組んだホームドラマだ。本作では、主人公のプロレスラー・観山寿一(長瀬智也)が、父の介護のために現役を引退し、周囲を巻き込みながら介護と遺産相続をめぐるバトルを繰り広げる姿が描かれる。

長瀬は役作りのために体重を10キロ以上も増量したそうで、ムキムキのボディに長髪、ヒゲ面のワイルドな見た目は、まさに本物のプロレスラーそのもの。鍛えられた肉体はもちろん、華麗な回し蹴りや固め技、必殺チョップなどを相手レスラーに食らわせる姿もかっこいい。一連のプロレスのシーンは、プロの監修によるもので、プロレスファンも納得できる映像に仕上がっている。

長瀬の仕上がった肉体や圧巻の試合シーンに対し、視聴者は大盛り上がりの様子。Twitter上では「長瀬くんの筋肉すげ!」「このためにムキムキに仕上げた長瀬くんさすが」「回し蹴りかっけー!」「スーパーキックとブリザードチョップの切れ最高」「プロレスシーン、なかなか気合い入ってるな」と称賛の声が寄せられている。

なお、1月29日に放送される第2話では、寿一(長瀬)が、能楽の人間国宝である父・寿三郎(西田敏行)の跡を継ぐことを宣言したため、門弟たちの不満が爆発! 寿一は、急きょ1週間後に高砂を披露することになる――。

プロレスラー・ブリザード寿こと観山寿一(長瀬智也)がリングで大暴れ! 必殺技「寿固め」「ブリザードチョップ」がかっこいい!/ドラマ『俺の家の話』第1話>>

(文/藤原利絵@HEW