高橋文哉の隠しきれないイケメンオーラ...メガネ&ダサジャージ姿でも"ジャニーズ級顔面"/『夢中さ、きみに。』第4話

2021/1/29 17:17

ドラマ『夢中さ、きみに。』(MBSほか、毎週木曜深夜0時59分~)第4話に、『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)の主役で知られる高橋文哉が出演。ジャージにメガネ姿の「ダサモード」とジャニーズ顔負けな「イケメンモード」のギャップがすごい!

サムネイル
『夢中さ、きみに。』第4話 恐怖の修学旅行/夜のオフ会


「ジャニーズに履歴書を送りたい」レベルのイケメン! ダサジャージ&メガネでも顔面レベルが高すぎる高橋文哉......ソフトクリームを食べる姿はまるで天使!/『夢中さ、きみに。』第4話>>

同ドラマは、漫画家・和山やまによる累計20万部突破の人気コミックが原作。ミステリアスな林美良(関西ジャニーズJr.なにわ男子・大西流星)を中心に、ユニークな男子高校生たちの日常が描かれる青春群像劇だ。

高橋文哉が演じる二階堂明は、長い前髪にメガネ、制服のブレザーの裾までズボンの中にしまいこんだ奇妙な「ブレザーイン」スタイルで、学校中の生徒から気味悪がられている人物だ。1月28日に放送された第4話で、修学旅行にやってきた二階堂は、観光を楽しむ同級生たちから距離を置き、ひとりでホテルにこもっていた。

同級生たちが私服を着ている一方で、二階堂だけが学校指定のジャージ姿で、しかも制服と同じく上着の裾をズボンの中にしまい込んだ状態だった。相変わらず「ダサモード」全開な二階堂だが、メガネを外すと「イケメンモード」に変身。女子生徒たちの心を一瞬でわしづかみにし、写真撮影をせがまれたり一緒に怪談話をしたりと、モテモテだった。二階堂のあまりの変身ぶりに、女子たちも彼の正体には気づかず、「勝手にジャニーズに履歴書送ってやろうかと思ったんだけど」「イケメンだよね~!」と大盛り上がりだった。

メガネを外した二階堂がイケメンぶりを発揮するエピソードだったが、ファンにはジャージ姿の「ダサモード」も好評のようだ。Twitter上では「いや、かっこよさ隠しきれてないんよね」「ジャージでもイケメンはイケメンだ」「ソフトクリームでテンション上がる二階堂天使かな?」「二階堂メガネ外したら爆イケすぎる」「ふみふみ顔面つっよ」といった声で盛り上がっている。

「ジャニーズに履歴書を送りたい」レベルのイケメン! ダサジャージ&メガネでも顔面レベルが高すぎる高橋文哉......ソフトクリームを食べる姿はまるで天使!/『夢中さ、きみに。』第4話>>

(文/藤原利絵@HEW