20代の樋口可南子が大胆ラブシーン...小悪魔OL&人妻の同性愛を描いた映画『卍(まんじ)』を無料配信中

2021/2/ 3 18:22

1983年に公開された映画『卍(まんじ)』を動画配信サービス「GYAO!」にて2月9日23時59分まで無料配信中。当時20代の樋口可南子が女性同士の性愛を演じ、大胆なラブシーンに挑んだ文芸エロス映画だ。

サムネイル
映画『卍 まんじ(1983年版)』


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

本作は、女性ふたりと男ひとりの愛欲生活を描いた、谷崎潤一郎による官能小説が原作。1964年に実写化されて以降、何度も映画化されており、本作はその第2弾にあたる。現職刑事を夫に持つ柿内園子(高瀬春奈)は、自分の万引現場をOLの光子(樋口可南子)に目撃されてしまう。光子に脅されて、彼女と関係を持つことになった園子は、徐々に自ら快楽を求めていく――。

主演を務めた樋口は、当時まだ20代半ば。ストレートのミディアムヘアに可憐(かれん)な笑顔、しなやかな肢体と、当時からその美しさは健在だ。小悪魔的な魅力を放つ樋口は、人妻役の高瀬と大胆なラブシーンにも挑戦しており、同性愛の肉欲に耽(ふけ)る官能的な演技を披露した。下着1枚で惜しげもなく美乳を晒(さら)し、キスを交わすふたりの姿は、まるで芸術品のような美しさだ。

人妻が美女との肉体関係に溺れ、夫も巻き込んだ歪んだ人間関係に発展していく――。大胆な性描写が目を引く作品ではあるが、3人の男女が織りなす愛と官能の世界は深淵で、珠玉の文芸エロス作品と言えよう。

サムネイル
映画『卍 まんじ(1983年版)』


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

(文/藤原利絵@HEW