草刈正雄の猫Tシャツ、ダサすぎワロタ...原作漫画を超える衝撃デザイン/『おじさまと猫』第5話

2021/2/ 4 17:09

ドラマ版『おじさまと猫』(テレビ東京系、毎週水曜深夜0時58分~)が、原作漫画超えを果たした!? 原作者も「原作よりダサくなってる(笑)」と認めた衝撃デザインのTシャツが反響を招いている。

サムネイル
『おじさまと猫』第5話


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

同ドラマは、桜井海による累計160万部を超える同名コミックが原作。妻に先立たれて以来、孤独な日々を過ごしていた"イケおじ"神田冬樹(草刈正雄)が、ペットショップで出会った"ブサかわ猫"ふくまる(声・神木隆之介)と共同生活を送るハートフルストーリーだ。

2月3日に放送された第5話では、すっかり猫好きになった神田が、小林(升毅)と猫グッズが並ぶ雑貨店を訪れた。神田が「これ、どうかな」と試着したTシャツに、小林は思わず「ダッサ......!」と苦笑い。しかし、神田のうれしげな姿を見て、「良いと思う」と言い直した。

おそらく視聴者も小林と一緒に「ダッサ!」とツッコミを入れたことだろう。原作者である桜井海氏も「Tシャツだせえええ(笑)原作よりダサくなってる(笑)」(1月28日のツイートより)とコメントしている。ただ、ダサさが1周回って......ということか、「あのTシャツ欲しい」「グッズ化希望」という声も少なくない。ある意味で一見の価値あり(!?)なTシャツかもしれない。

第5話は、衝撃デザインのTシャツが笑いを誘っただけではない。神田が生前の妻との思い出を振り返る感動的な回でもあった。Twitter上では「おじさまと一緒に泣いた」「涙がじんわりの回でした」「パパさんを癒そうとするふくまるに涙ボロボロ」「毎週、あごまで濡れるくらい涙出る」といった声が寄せられており、今回も笑いと涙の両方が詰まった名エピソードだったと言えよう。

動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

(文/原田美紗@HEW