"疑惑のネイリスト"工藤遥の涙にもらい泣き...シリアス演技にファン「おれが"どぅー"を幸せにする」/『遺留捜査』第4話

2021/2/ 5 18:50

元モーニング娘。で女優の工藤遥がテレビ朝日系『遺留捜査』第4話にゲスト出演。被害者らと三角関係にあった「疑惑のネイリスト」役を演じた工藤は、涙する演技も披露しており、ファンが熱演を称賛している。

サムネイル
『遺留捜査』第4話


女優・工藤遥、ドラマ『遺留捜査』でミステリー初挑戦! 工藤演じる"疑惑のネイリスト"小川深春が抱える悲しい過去とは? あまりの熱演にファンも涙>>

同ドラマは、上川隆也が主演を務める人気刑事ドラマの第6シーズン。2月4日に放送された第4話では、刑事・糸村(上川隆也)らが、とある刺殺事件の謎を追った。工藤は、殺害されたバーのママとひとりの男性をめぐって三角関係にあったネイルサロンの店主・小川深春役を演じた。

今回がミステリードラマ初挑戦の工藤は、どこか悲しい影がつきまとう「疑惑の女」役を熱演。工藤演じる小川は、手に不自然なケガを負っており、事情聴取の際も動揺した態度で見るからに怪しい......。だからこそ、事件の真相に一層驚かされた視聴者は多かったことだろう。ドラマのラストで見せた工藤の涙の演技も胸に迫るものがある。

Twitter上では「大先輩方の中でも堂々とした演技に感どぅーした!」「シリアスな表情が多かったけど、美しかった」「どぅーの演技もっと見たいなー!! 初ミステリー良かった」と工藤を称賛する声が続出。また、彼女が演じた小川に感情移入した視聴者も多いようで、「深春ちゃん、どうか幸せになって欲しい......」「てかもうネイルサロン通いつめておれが幸せにするしかねぇな...」といった声も寄せられている。

女優・工藤遥、ドラマ『遺留捜査』でミステリー初挑戦! 工藤演じる"疑惑のネイリスト"小川深春が抱える悲しい過去とは? あまりの熱演にファンも涙>>

(文/藤原利絵@HEW