瀧内公美演じる被災者女性がデリヘル嬢に...震災後の福島を舞台とした映画『彼女の人生は間違いじゃない』

2021/2/16 18:48

震災後の福島を舞台にした映画『彼女の人生は間違いじゃない』(2017年公開、R15+)を動画配信サービス『GYAO!』にて2月20日23時59分まで無料配信中。被災者であるヒロインがお金のためにデリヘル嬢として働くというセンセーショナルな物語だ。

サムネイル
映画『彼女の人生は間違いじゃない』出演の瀧内公美


デリヘルのアルバイトをするため、ヒロイン・みゆき(瀧内公美)は福島から東京へ向かう......映画『彼女の人生は間違いじゃない』を無料配信中>>

本作は、恋愛映画の名手と知られる廣木隆一監督が、自身の処女小説を実写化したヒューマンドラマ。2011年に起きた東日本大震災をテーマに、被災者たちの生活や心情を繊細に描いている。物語の舞台は、震災から5年がたった福島。仮設住宅で父親と暮らすみゆき(瀧内公美)は、市役所に勤務しながら週末は高速バスで東京・渋谷に向かう。実は、彼女はデリヘルでアルバイトをしているのだった――。

瀧内公美が演じるヒロイン・みゆきは、父親に隠れてデリヘル嬢として金を稼いでる。制服のコスプレをして見ず知らずの男に体をまさぐられるみゆきは、客に「本番」を要求されることも多く、時には暴力を振るわれることもある。男を喜ばせようと全裸で一心不乱に尽くす姿や、事後に無表情で風呂につかる姿が、見る者の胸を苦しくさせる。

無気力な表情で福島と東京を往復するみゆき。彼女の母親は津波にさらわれたまま遺体が見つからない状態で、父親は土壌汚染のせいで農家の仕事もできずに自堕落な生活を送っており、被災地の現実が生々しく描かれている。震災から10年がたつ今こそ、被災地が抱える問題を再確認できる作品だ。

デリヘルのアルバイトをするため、ヒロイン・みゆき(瀧内公美)は福島から東京へ向かう......映画『彼女の人生は間違いじゃない』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW