【※見逃し配信あり】エレンの巨人を継承するのは誰? 104期兵メンバーの会話が笑えて泣ける/『「進撃の巨人」The Final Season』第69話

2021/2/19 17:00

アニメ『「進撃の巨人」The Final Season』第69話が、2月14日深夜よりNHK総合にて放送された(毎週日曜24時10分~)。第104期訓練兵団の卒業生たちの会話が、笑いを誘うと同時に胸に迫る。

サムネイル
『「進撃の巨人」The Final Season』第10話 正論


コニー(CV:下野紘)とサシャ(CV:小林ゆう)、おバカコンビが「え?」「え?」......まるでコントのような会話が笑える『進撃の巨人 The Final Season』最新話を無料配信中>>

第69話『正論』では、調査兵団がマーレに至るまでの経緯が明かされた。ヒィズル国との交渉の内容、女王となったヒストリア(CV:三上枝織)の現状などが明らかになる中で、104期兵メンバーたちの会話もあった。

進撃の巨人を継承したエレン(CV:梶裕貴)の残りの寿命は5年ほど。エレンが「そろそろ決めなきゃいけない。オレの巨人の継承者を」と口にすると、ミカサ(CV:石川由依)、ジャン(CV:谷山紀章)、コニー(CV:下野紘)、サシャ(CV:小林ゆう)たちが名乗り出て......。コニーとサシャ、"バカコンビ"が繰り広げる「え?」「え?」というコントのようなやりとりが笑いを誘う。軽い口ぶりではあるが、お互いが仲間を大事に思っていることが伝わる会話で、シリアス展開が続く中、ほっと心が癒やされる一幕だった。

エレンは、「オレはおまえらに継承させるつもりはない。おまえらが大事だからだ、他の誰よりも。だから長生きしてほしい」とはっきり口にしていた。あの仲間思いのエレンはどこへ行ったのか......。現在のエレンの真意が見えないからこそ、「おまえらが大事だからだ」の一言が胸に迫る。

エレン役を演じる声優の梶裕貴は放送後にTwitterで、「104期のシーン。収録の時、なんか幸せだったな。安心感がすごかった」とうれしげに振り返ったうえで、「でも、さすがに今日は心が振り回された。でも。いつの、どのエレンも、決して嘘じゃないと、思います。僕は、思ってます」とつづっていた。エレンは今、何を考えているのか――?

サムネイル
『「進撃の巨人」The Final Season』第10話 正論


コニー(CV:下野紘)とサシャ(CV:小林ゆう)、おバカコンビが「え?」「え?」......まるでコントのような会話が笑える『進撃の巨人 The Final Season』最新話を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW