"司書"鞘師里保の天使のほほ笑み...ファン「毎日図書館通います」/『アノニマス』第5話

2021/2/24 18:30

元モーニング娘。の鞘師里保が、テレビ東京系ドラマ『アノニマス~警視庁"指殺人"対策室~』(毎週月曜22時~)第5話にゲスト出演。図書館司書役を演じた鞘師の天使のような笑顔に心癒やされたファンも多いようだ。

サムネイル
『アノニマス ~警視庁"指殺人"対策室~』第5話


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

同ドラマは、ネット上のキーボードによる殺人=指殺人をテーマにしたサスペンス作品。一匹狼(おおかみ)の刑事・万丞渉(香取慎吾)をはじめ、警視庁「指殺人対策室」のメンバーが、顔の見えない犯罪者=アノニマスを見つけ出し、事件を解決していくストーリーだ。2月22日に放送された第5話では、ネットの誹謗(ひぼう)中傷に悩む人気動画配信者が、指殺人対策室を訪れた。

鞘師が演じた山名栞は、誹謗中傷の犯人・星野秀一(萩原利久)が利用していた図書館の司書だ。栞には、仕事で落ち込んでいたところを星野の一言で救われた過去があり、警察から事情を聞かされても彼を信じようとした。好きな本の話で盛り上がったり、「もし、私で何か力になれることがあったら言ってください」と連絡先を渡したり、星野と心を通わせる栞の姿がまぶしい。

現実世界でもネットの世界でも居場所がなくなってしまった星野にとって、栞は心のよりどころのような存在だった。そんな重要な役どころを演じた鞘師に対し、Twitter上では「鞘師ずっと太陽光まとっててホワホワしてて天使みたいだった...」「鞘師演ずる図書館の女性が救いだった」「鞘師だけが癒やし」「こんなかわいい司書さんに認知されてるとか最高ですか 図書館毎日通います」といった声が寄せられている。

動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

(文/藤原利絵@HEW