なんだ、この尊い「生き物」は! ふくまる&マリンのじゃれ合いが反則級のかわいさ/『おじさまと猫』第8話

2021/2/25 18:35

ドラマ『おじさまと猫』(テレビ東京系、毎週水曜深夜0時58分~)に登場する猫のふくまるとマリンがじゃれあうシーンが好評だ。まるで本物の猫のように自然な動きに驚かされる。

サムネイル
『おじさまと猫』第8話


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

同ドラマは、桜井海による累計160万部を超える同名コミックが原作。妻に先立たれて以来、孤独な日々を過ごしていた"イケおじ"神田冬樹(草刈正雄)が、ペットショップで出会った"ブサかわ猫"ふくまる(声・神木隆之介)と共同生活を送るハートフルストーリーだ。

ドラマの放送前、ふくまるが本物の猫ではなくパペットだったことから、一部の原作ファンの間で再現度を心配する声が上がっていた。しかし、いざ放送が開始されると、老舗の人形劇団プークが人形操演を担当していることもあり、まるで本当に生きているような自然な動きを称賛する声が続々と寄せられた。エサを食べる姿やおもちゃを狙う際の尻尾の動き、神田に甘える表情など、今ではふくまるのちょっとした動きでも毎回「かわいい」と視聴者が盛り上がっている。

2月24日に放送された第8話でも、ふくまるが愛らしい動きで視聴者をメロメロにした。ふくまるは、自分にそっくりな猫のマリン(声・松本穂香)と出会うのだが、2匹はなんと姉弟だった。「お姉ちゃーん、会いたかったニャー!」「私も、ずーっと会いたかった!」と会話をしながら互いに体を舐(な)め合い、尻尾を嬉しそうに振る2匹がかわいい......。

ふくまるとマリンのじゃれ合う姿に、視聴者もほっこりしたようだ。Twitter上では「あーもうかわいすぎ! 猫姉弟、感動の再会!」「ふくまるとマリンがじゃれあってるのかわいかったなぁ」「ぬいぐるみ同士とはわかっていても目から大量の汗がでた」「ぬいぐるみの操演技術が半端ないので本物の猫以上にかわいい」といった声が寄せられている。

動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

(文/藤原利絵@HEW