「私は歌う。キミがいたことを証明するために。」...遺された彼女の歌声に涙が止まらない映画『ソラニン』を無料配信中

2021/2/26 17:00

漫画家・浅野いにおの傑作漫画を原作とした映画『ソラニン』(2010年公開)を動画配信サービス「GYAO!」にて3月9日23時59分まで無料配信中。モラトリアムを過ごす若者たちを描いた本作は、ヒロインが天国の恋人を思って歌うライブシーンに感動させられる。

サムネイル
映画『ソラニン』


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

自由を求めて会社を辞めた芽衣子(宮﨑あおい)と、フリーターをしながらバンド活動を続ける種田(高良健吾)は、東京の片隅で同棲(どうせい)中。未来に希望が持てない日々を過ごすふたりだったが、芽衣子のひと言をきっかけに種田はバンド仲間と新曲『ソラニン』を完成させる。そんなある日、種田が事故に遭い......。映画『ソラニン』は「ゼロ年代を代表する青春漫画の金字塔」と名高い漫画家・浅野いにおの同名コミックを原作としている。

夢を追うために貯金を切り崩して生活するも、レコード会社には評価されず、将来への不安から恋人と別れ話になってしまう......。登場人物たちは、夢と現実のはざまで苦しみながらモラトリアムな日々を過ごしている。彼らが抱える痛々しさは、誰もが一度は歩んだ道ではないだろうか。

そして、本作のハイライトと言えるのが、芽衣子が種田の遺志を継いでステージに立ち、彼が遺した楽曲『ソラニン』を歌唱するシーンだ。「さよなら」を繰り返す歌詞、アップテンポながらもどこか切ないメロディ、そして芽衣子役を演じる宮﨑あおいの透明感あふれる歌声が涙を誘う......。

なお、映画のメインテーマ曲でもある『ソラニン』と、エンディングテーマ曲『ムスタング』は、どちらもロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATION(以下、アジカン)が提供した楽曲だ。原作漫画のファンであるアジカンが手がけた両楽曲が、物語の世界観を鮮やかに彩っている。

サムネイル
映画『ソラニン』


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

(文/藤原利絵@HEW