"童顔わんこ"桐山照史に私もエールを送られたい! 応援団の学ラン姿が似合いすぎ/『ゲキカラドウ』第10話

2021/3/11 16:43

テレビ東京系ドラマ『ゲキカラドウ』(毎週水曜深夜0時12分~)第10話の回想シーンで、ジャニーズWESTの桐山照史が応援団員に扮(ふん)した。学ラン姿でエールを送る桐山を、ファンが「31歳なのに違和感が全くない」と称賛している。

サムネイル
『ゲキカラドウ』 第10話


動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

同ドラマは、「激辛道=ゲキカラドウ」を追求する男の成長を描いたグルメコメディ。飲食メーカーの東京支社に異動してきたサラリーマン・猿川健太(桐山照史)が、そこで出会う"変わり者たち"とともに、さまざまな激辛グルメを食らい尽くすストーリーだ。3月10日に放送された第10話で、猿川は上司から営業成績が悪い後輩・亮介(中村嶺亜)の指導を任された。

桐山は、大学時代の回想シーンの中で応援団員に扮し、学ラン姿を披露した。現在31歳の桐山だが、学ラン姿がよく似合う。大学野球部の応援をするシーンもあり、声を張り上げながら力いっぱい演舞を披露している。

桐山の学ラン姿にファンからは称賛の声が続出。Twitter上では「応援団姿、最高すぎます」「応援団の猿川くんカッコいい...学ランめちゃくちゃ似合う!!」「いてほしかったなぁ同い年の学ラン応援団猿川くん」「童顔わんこなので31歳なのに学ランでも違和感が全くない」といった声で盛り上がっている。

動画配信サービス「GYAO!」なら人気ドラマやバラエティー、アニメなどの見逃し配信が無料で視聴できる! ほかにもオリジナル番組、映画、音楽、韓国ドラマなどが無料で見放題>>

(文/藤原利絵@HEW