「娘の体の中にはお母さんが生きてる」...亡き母の愛車をめぐる父娘の会話に涙が止まらない/『探偵!ナイトスクープ』

2021/3/23 17:39

3月19日に放送された朝日放送テレビ『探偵!ナイトスクープ』に「亡き母の愛車との別れに立ち会ってほしい」という依頼が寄せられた。母親の形見である愛車との別れを惜しむ依頼者とその父親の会話が切ない......。

サムネイル
『探偵!ナイトスクープ』38歳で亡くなった母の愛車コルトと涙の別れ


「記憶になくても体の中にはお母さんがちゃんと生きてる」...亡き母の思い出を語る父親の言葉に娘が号泣......父娘の切ない会話に胸が締め付けられる/『探偵!ナイトスクープ』>>

大阪府に住む19歳の女子大生・津村世里奈さんから寄せられた依頼は、38歳の若さで亡くなった母親が遺した愛車「コルト」にまつわるものだった。17年前に新車で購入したコルトには、家族で出かけた思い出がたくさん詰まっている。しかし、現在はかなりガタがきており、世里奈さんの父や姉、兄は廃車を考えているという。世里奈さんだけが「コルトが母の一部みたいな感覚でいて......」と、どうしてもコルトを廃車にする決心がつかずにいた。

そこで、お笑い芸人・たむらけんじが、コルトと最後の時間を過ごす世里奈さんを見守ることになった。コルトにはある仕掛けが施されており、世里奈さんの父親がスピーカー越しに娘に亡き母の思い出を語った。「お父さん今まで言ったことなかったけど、しぐさとか笑い方とか怒り方とか車を運転する姿とか、お母さんそのもの」「お母さんが君らの中に生きてるわ。記憶になくても体の中にはお母さんがちゃんと生きてる」といった父親の言葉に世里奈さんは涙が止まらなかった。

父親が「悲しむことはない。だから最後は気持ちよくコルトとさよならしましょ」と声をかけると、世里奈さんは「うん、わかった。ありがとう」と答えた。廃車になるコルトを依頼者家族がキレイに掃除し、涙ながらに別れる姿が視聴者の感動を誘った。

「記憶になくても体の中にはお母さんがちゃんと生きてる」...亡き母の思い出を語る父親の言葉に娘が号泣......父娘の切ない会話に胸が締め付けられる/『探偵!ナイトスクープ』>>

(文/藤原利絵@HEW