"不倫サレ妻"役・磯山さやかが不憫すぎる...クズ夫への怒りが止まらない愛憎劇『女ともだち』を無料配信中

2021/3/30 18:55

2020年に放送されたドラマ『女ともだち』(BSテレ東)を動画配信サービス「GYAO!」にて順次無料配信中。ドロドロの愛憎劇の中で、磯山さやかが「夫の不倫に悩む妻」役を演じており、ふびんなシーンの連続に見ている側までつらくなる。

サムネイル
『女ともだち』第10話より


「浮気なんて3ヵ月も放っておけば勝手に終わるから」「知らないフリして朝ごはん出しておけば戻ってくる」......不倫サレ妻(磯山さやか)の健気な姿が辛いドラマ『女ともだち』を無料配信中>>

同ドラマは『東京ラブストーリー』や『あすなろ白書』などのヒット作で知られる"恋愛漫画の巨匠"柴門ふみの同名コミックが原作。不倫がやめられないバツイチの乾セツ(原沙知絵)と、浮気を繰り返す夫を捨てきれずにいる主婦・小野沢ちさと(磯山さやか)を中心に、女性の心理が繊細に描かれている。

磯山が演じたちさとは、いわゆる"不倫サレ妻(パートナーに不倫されている妻のこと)"だ。「浮気なんて3ヵ月も放っておけば勝手に終わるから」と余裕な態度を取ってはいるが、内心では、夫・ミツル(竹財輝之助)との関係に苦悩している。ミツルに「(浮気相手と)今すぐ別れてよ!」と泣きつくシーンもふびんだが、なんとミツルの浮気相手がちさとの職場にやってくる修羅場もあり、ちさとは次々と試練に襲われる。そんな彼女に追い打ちをかけるように、ミツルは「ふたりとも愛してるんだ、君も彼女も」と残酷な言葉を吐き、浮気を繰り返すのだった......。

一方で、主演の原沙知絵が演じるセツは、「不倫がやめられないバツイチ女性」だ。セツはセツで、不倫相手の子どもを妊娠したり、正妻の姪(めい)から嫌がらせを受けたり、泥沼展開に陥ってしまう。不倫する女と不倫される女、ふたりの「女ともだち」を取り巻く複雑な人間模様に注目だ。

「浮気なんて3ヵ月も放っておけば勝手に終わるから」「知らないフリして朝ごはん出しておけば戻ってくる」......不倫サレ妻(磯山さやか)の健気な姿が辛いドラマ『女ともだち』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

10/18 デイリーランキング