「推しに命を救われた」女性のオタクぶりにもはや感動! ワケアリ壮絶人生を描いた漫画に共感

2021/4/ 5 18:45

新番組『キミもマンガの主人公 週刊ケッカマチ』(ABCテレビ)で、人気ロックバンドUVERworldに人生を救われたという女性に密着した。番組内では、彼女の壮絶な人生を漫画化しており、"推し"の偉大さに視聴者から共感の声が続出している。

サムネイル
『キミもマンガの主人公 週刊ケッカマチ』ライブチケット抽選ケッカマチの女性の人生を勝手に漫画化!


"UVERworldガチ勢"の壮絶人生を漫画化! 恋人と死別、原因不明の膝の痛みなど、災難続きの人生の中で希望を与えてくれた"推し"の偉大さに感動>>

4月4日に放送スタートした同番組は、何かの結果を待つ人を取材し、結果が出るまでの人生を漫画化するバラエティ番組。初回放送で紹介されたのは、29歳の近藤沙穂さんだ。10歳からUVERworldの大ファンである近藤さんは、ライブチケットの抽選を結果待ちしていた。

近藤さんのファン歴は、前身となるバンド時代から始まり、かれこれ20年以上。ライブツアーは全都市のチケットを応募し、購入した公式グッズは段ボール20箱にのぼる。そんな"UVERworldガチ勢"な近藤さんは、今までの人生で何度もUVERworldに救われてきたという。番組では、近藤さんの人生が漫画化され、声優の岡村明美や山口勝平らがアフレコした。

漫画の中では、UVERworldとの出会いや、ボーカル・TAKUYA∞似の彼氏とのエピソードなど、近藤さんの青春時代が描かれた。しかし、恋人が不慮の事故で亡くなり、ショックから自殺未遂するなど、波乱万丈な展開続きで、MCを務めるお笑いコンビ・ぺこぱも「うそでしょ?」「ちょっと思ってた番組と違う」とびっくり。その後も近藤さんは何度も災難に遭うが、そのたびにUVERworldが彼女に生きる希望を与えた。ぺこぱは、すっかり漫画にのめり込み、「面白いな、コレ」「衝撃的だな」と感動した様子だった。

ひとりの女性の人生を支えた"推し"の偉大さは、ぺこぱだけではなく、多くの視聴者の心に響いたようだ。Twitter上では「コロナ明け初ライブは行きたいよね」「ライブの当落のドキドキよく分かる」「チケ当落待ちの仕方が、ガチだ」など共感の声が続出。また、近藤さんの壮絶な人生についても「ほんとマンガみたいな人生なんだな...」「壮絶な人生歩んでるな...」といった驚きの声が寄せられている。

"UVERworldガチ勢"の壮絶人生を漫画化! 恋人と死別、原因不明の膝の痛みなど、災難続きの人生の中で希望を与えてくれた"推し"の偉大さに感動>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

10/21 デイリーランキング