こんな美男美女が働く店、毎日通いたいだろ! 人気YouTuber・ヴァンゆん、『警視庁・捜査一課長』で本格ドラマデビュー

2021/4/ 9 17:30

大人気YouTuberコンビ「ヴァンゆん」が、4月8日に放送されたドラマ『警視庁・捜査一課長season5』(テレビ朝日系)第1話にゲスト出演。スイーツショップの店員役を演じ、本格ドラマデビューを果たした。

サムネイル
『警視庁・捜査一課長 season5』第1話


スイーツショップの店員役のユニフォーム姿がキュートなヴァンゆん。「何かしたんじゃないの、あんた」というセリフは実はアドリブ! 『警視庁・捜査一課長 season5』を無料配信中>>

同ドラマは、ヒラから成り上がった叩(たた)き上げの刑事・大岩純一(内藤剛志)たちの活躍を描いたミステリードラマ。記念すべき新シーズンの初回に登場したヴァンゆんは、「美男美女YouTuber」として知られるヴァンビとゆんの2人組だ。公式YouTubeチャンネル「ヴァンゆんチャンネル」の登録者数は220万人以上という人気を誇っている。

これまで再現VTRでの演技経験はあるものの、ヴァンゆんにとって、本格的なドラマ出演は今回が初めて。テレビ朝日公式サイトには、「学生の頃からずっと夢みていた"マルチタレント"になるべく、絶対にかなえたい夢のひとつがドラマや映画のお仕事でした。しかも今年の抱負で『今年は絶対、演技のお仕事がしたい』って言っていたので、夢がかなった!!!!!!」(ゆん)、「脚本をいただいたとき感動でいっぱいになって...一緒に写真を撮りました(笑)」(ヴァンビ)と、ふたりからの喜びのコメントが寄せられている。

ヴァンゆんは、大岩一課長と運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)が聞き込みに訪れたスイーツショップの店員役を演じた。ふたつの事件をつなぐ証言をもたらす重要な役どころだ。おそろいの真っ赤なハンチング帽とカフェエプロンというキュートなユニフォーム姿がばっちり似合っている。

番組放送後、ゆんはTwitterで「演技自然ってたくさん言ってもらえてるのめっちゃ嬉しい...めっちゃ練習したもん」と反響に感謝を述べた。また、自身の「何かしたんじゃないの、あんた」というセリフがアドリブだったことも明かしている。

スイーツショップの店員役のユニフォーム姿がキュートなヴァンゆん。「何かしたんじゃないの、あんた」というセリフは実はアドリブ! 『警視庁・捜査一課長 season5』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW