当て馬になるくらいなら私と恋愛してくれ! 年下イケメン教師(稲葉友)が理想の極み/『レンアイ漫画家』第2話

2021/4/16 17:21

フジテレビ系ドラマ『レンアイ漫画家』(毎週木曜22時~)の第2話で、吉岡里帆が演じるヒロインに新たな「恋愛ミッション」が課された。そのターゲットとなった小学校教師・大倉シンゴ(稲葉友)が、視聴者のハートをわしづかみにしている。

サムネイル
『レンアイ漫画家』第2話 指令はまさかの別れ!初めて触れた天才の魔法


もしも、こんな年下イケメンが教師だったら......妄想がふくらみすぎて助けて~! 稲葉友の笑顔がさわやかなドラマ『レンアイ漫画家』を無料配信中>>

同ドラマは、山崎紗也夏の同名コミックが原作。恋愛下手な天才漫画家・刈部清一郎(鈴木亮平)と、崖っぷちアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆)の恋を描くハートフルラブコメディだ。

漫画のネタにするため、清一郎はあいこに疑似恋愛のミッションを下す。4月15日に放送された第2話では、清一郎の甥(おい)・レン(岩田琉聖)が通う小学校の担任・大倉シンゴ(稲葉友)が次のミッションのターゲットとなった。シンゴは、仕事熱心で生徒からも保護者からも信頼が厚い、まさに理想の教師! 白いジャージがよく似合っており、生徒たちに見せる笑顔も実にさわやかだ。

稲葉友が演じる新キャラクターは、Twitter上で「私も稲葉友くんに担任されたい」「稲葉友くんの教師役、すてき過ぎる」「無駄にイケメンな小学校の先生」と早くも好評。それだけに、あくまで「疑似」恋愛のターゲットであることを残念に感じる視聴者もいるようで、「やっぱり稲葉友も当て馬にされるのか」「相手役になっちゃうのか」という声もある。

前回の竜星涼に続き、今度は稲葉友と、どうやら『レンアイ漫画家』は、恋愛ミッションのターゲットとしてイケメン俳優が次々と登場する構成のようだ。だとすると、なんともぜいたくなつくり......! 今後はどんな俳優が出演するのか、イケメン好きは必見のドラマと言えよう。

もしも、こんな年下イケメンが教師だったら......妄想がふくらみすぎて助けて~! 稲葉友の笑顔がさわやかなドラマ『レンアイ漫画家』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW