「顔面国宝」たちの世界一ピュアなキス...板垣李光人×吉川愛は後光が差している!?/『カラフラブル』第3話

2021/4/16 17:34

ドラマ『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23時59分~)第3話で、板垣李光人と吉川愛のキスシーンが放送された。キスを交わすふたりの美しさを視聴者が「顔面国宝」と称賛している。

サムネイル
『カラフラブル ~ジェンダーレス男子に愛されています。~』第3話 衝動のキス...めぐるの涙の理由は


吉川愛の肩に添えられた板垣李光人の手の美しさにも注目したい、「美」そのもののキスシーン......ドラマ『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』を無料配信中>>

同ドラマは『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中の、ためこうの人気コミックが原作。仕事熱心なあまり、自分のおしゃれは二の次な漫画編集者・和子(吉川愛)と、メイクやファッションを自由に楽しむ美男子・周(板垣李光人)の恋模様が描かれる。4月15日に放送された第3話で、周は、ひょんなことから人気タレント・ゆうたん(永田崇人)が担当する子ども番組にゲスト出演することになった。

周と同様、ゆうたんにも「かわいいもの好き」なせいでいじめられた過去があった。「多様性を認める、カラフルな世界を認めるってことはさ、僕たちを嫌いって思いも受け止めるってことじゃないの?」というゆうたんの言葉に周は強いショックを受けた。「わかってるんだ......。でも、どうしても、つらい」と涙声で吐露する周を、和子はそっと抱きしめてキスするのだった。

美男美女の美しいキスシーンは、多くの視聴者の心を動かしたようだ。Twitter上では、「最後のふたりのキスシーンの美しさたるや...後光がさしてましたわ...」「あんっな奇麗なキスシーンある!?」「ほんと顔面国宝」「世界一ピュアなキスありがとうございます!!」といった声が続出した。

また、「多様性」の素晴らしさだけでなく難しさにも踏み込んだストーリーに対しても、「多様性を認めるって難しいことだよね」「カラフル。多様性。価値観の押し付け...。なんて深い回だ」「このドラマ、優秀ですよ」といった声が寄せられている。

吉川愛の肩に添えられた板垣李光人の手の美しさにも注目したい、「美」そのもののキスシーン......ドラマ『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW