元サザン大森隆志、薬物逮捕で人生が一変し...「首吊って死のうかと考えた」

2021/4/16 18:41

サザンオールスターズの元メンバーでギタリストの大森隆志が、テレビ東京系『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』に出演。違法薬物で逮捕された過去を振り返り、一時は自殺まで考えたことを告白した。

サムネイル
違法薬物で逮捕(イメージ)


薬物逮捕で人生が一変したサザンオールスターズの元メンバー・大森隆志。出所後、花束を持って彼を訪ねてきた人物とは? 『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』を無料配信中>>

大森は、サザンオールスターズのメンバーとして20年以上活動するも、2001年にバンドを脱退。ソロギタリストとして再出発したが、2006年に覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反の現行犯で逮捕された。大森は、4月15日に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』にゲスト出演し、違法薬物の恐ろしさについて語った。

大森は、薬物に手を出したきっかけについて、「きっかけなんて安易なものですよ。人がやっているのを勧められたら、どんなものかなとやってみる」と明かした。「全てを台無しにするから、これだけはやめた方がいい」「薬物に手を出すと全てを無にしてしまう。みんなに絶対そうなってほしくないっていう気持ちを伝えたい」と番組出演を決めた理由を説明した。

大森は、「留置場で僕、首吊(つ)って死のうかってぐらい考えた」と当時の心境を吐露した。しかし、勾留中にファンから手紙が届くなどして、「安易に死ぬっていうのは単なる現実逃避」「全部、受け止めて生きていこう」と考え直したことを語った。

懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決を下され、再出発を誓ったという大森。出所後に自身を訪ねてきた意外な人物や、事件から15年経った今でも続けている「あること」についても明かし、共演者を驚かせた。

薬物逮捕で人生が一変したサザンオールスターズの元メンバー・大森隆志。出所後、花束を持って彼を訪ねてきた人物とは? 『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW