岩下志麻×坂上忍が演じる"禁断の母子相姦"...映画『魔の刻』を無料配信中

2021/4/27 18:22

映画『魔の刻』(1985年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて5月9日23時59分まで無料配信中。岩下志麻と坂上忍が「禁断の愛」にふける母子役を演じており、公開当時、ふたりのベッドシーンが話題となった作品だ。

サムネイル
映画『魔の刻』


ベッドの上で「あなたを産んだときは、ひどい難産で......」と語り合う裸のふたり。禁断の母子ラブシーンが話題になった映画『魔の刻』を無料配信中>>

19歳の少年・深と、彼を追って港町へとやってきた母・涼子。ふたりは東京の家で許されぬ罪を犯し、相前後して家を出たのだった。再会した母子は、愛を絶とうとしながら、なお激しく身を寄せ合う――。北泉優子による同名小説を原作とした映画『魔の刻』は、母子相姦というタブーに斬り込んだ物語だ。

美しき母親・涼子役を演じたのは、岩下志麻。その息子・深役を演じたのは、天才子役として名をはせた17歳の坂上忍だ。バラエティ番組で引っ張りだこの50代の坂上忍に慣れ親しんだ人は、「こんなナイーブな少年役を演じていたのか!」と驚かされるかもしれない。

岩下志麻と坂上忍、26歳差のふたりは母子役としてベッドシーンも披露しており、「あなたを産んだときは、ひどい難産で......」というピロートークが背徳的だ。恋人なのか? それとも、やはり母子なのか? 本作は、一口で言い表せない複雑な関係を克明に描き出している。

そして、モラルの枠を超えた母子が出会うのは、奇妙な過去を持つ中年男と、少年に激しく愛を迫る少女。穏やかな港町では、殺人事件まで発生し......。あらゆる意味で息子を「愛する」母親役を岩下志麻がすごみたっぷりに演じている。

サムネイル
映画『魔の刻』


ベッドの上で「あなたを産んだときは、ひどい難産で......」と語り合う裸のふたり。禁断の母子ラブシーンが話題になった映画『魔の刻』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW