ふたつ以上の意味でドキドキ...JO1主題歌の新ドラマ『ラブファントム』にJAMが衝撃を受けた理由

2021/5/14 17:55

グローバルボーイズグループ・JO1の新曲『Dreaming Night』が、ドラマ『ラブファントム』(MBSほか)で主題歌として公開された。待望の新曲を目当てにドラマを視聴したJAM(JO1ファンの愛称)たちは、キスシーン満載のドラマ本編にもドキドキさせられことだろう。

サムネイル
JO1主題歌のドラマ『ラブファントム』


JO1初ドラマ主題歌『Dreaming Night』が最高すぎて永遠リピ決定......とにかく顔がいい主人公カップルのキスシーンもドキドキなドラマ『ラブファントム』を無料配信中>>

5月13日深夜より放送スタートした同ドラマは、女性向け漫画誌『プチコミック』(小学館)で連載中の、みつきかこによる人気コミックが原作。容姿端麗なエリートホテルマン・長谷慧(桐山漣)と、ホテルのカフェスタッフとして働く恋愛経験値ゼロのヒロイン・平沢百々子(小西桜子)の恋模様が描かれる。

ドラマ『ラブファントム』の主題歌に起用されたのは、JO1の新曲『Dreaming Night』だ。JO1にとっては、今回が初のドラマ主題歌。オープニングでは、同楽曲にのせて長谷と百々子が何度も唇を重ねており、ラブラブなふたりと爽やかなメロディがマッチしている。

映像と楽曲が見事にハマっていると思ったら、それもそのはず。同ドラマを手がける御法川修監督が「単なるタイアップとは違い、先に編集した映像に合わせて仕上げてくれた楽曲なんです」とTwitterで明かしている。「これって夢のように贅沢(ぜいたく)なこと。JO1の熱意に胸を打たれました」と感謝を述べており、JO1のドラマ初主題歌にかける情熱がうかがえるエピソードだ。

そんな新曲をいち早く聴けるとのことで、JAMは大喜びだ。Twitter上では「JO1が一切出てきてないのに音楽流れた瞬間涙出てきた」「爽やかな曲ですてき!」「オシャレでドラマにピッタリ」「40秒じゃなくってもっと聞きたい」といった声が続出している。

しかし、JO1目当てでドラマを視聴したJAMは、もうひとつ、違う意味での「ドキドキ」も感じたのではないだろうか。なぜなら、『ラブファントム』は初回から濃厚キス満載!「家族で見るには刺激強めだね」「初回から激しめキスで最高でした!」「これはメンバーも見たのかなぁ ドキドキ」といった声も寄せられており、甘~いラブストーリーの本編に惹(ひ)きつけられたJAMも多かったことだろう。

JO1初ドラマ主題歌『Dreaming Night』が最高すぎて永遠リピ決定......とにかく顔がいい主人公カップルのキスシーンもドキドキなドラマ『ラブファントム』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW