セックス、暴力、逃亡...『64-ロクヨン-』瀬々監督による衝撃ピンク映画『課外授業』を無料配信中

2021/5/26 18:30

映画『課外授業』(1989年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて6月16日23時59分まで無料配信中。いまや邦画界に欠かせない存在である瀬々敬久監督の衝撃のデビュー作は、見る者の「ピンク映画」に対するイメージを打ち砕くことだろう。

サムネイル
映画『課外授業』


ミステリアスな娼婦が抱える秘密とは? ドンパチの裏に、男と女の切ないラブシーンあり......「ピンク四天王」の鮮烈なデビュー作『課外授業』を無料配信中>>

『64-ロクヨン- 前編/後編』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『友罪』などの作品で知られる瀬々監督は、かつてピンク映画の枠を飛び出し、ミニシアタアー系の映画好きからも支持される「ピンク四天王」のひとりに数えられていた。そんな瀬々監督のデビュー作が、『課外授業』だ。

卒業式を目前に控えた不良高校生3人は、「ジャパゆき(アジア各国から日本に出稼ぎにきた娼婦のこと)」との出会いをきっかけにヤクザとの争いに巻き込まれていく――。冒頭で描かれる教師と生徒の車内での情事をはじめ、もちろん色っぽいヌードやラブシーンはふんだんにありつつ、それ以上に本作には暴力のムードが色濃く漂っている。国籍、偽装結婚など、国をまたがる目論見の末に若者たちがたどり着くのは? スケールの大きい物語を通して、若き日の名監督の情熱が感じられる。

ちなみにエンディング曲は、ミュージシャン・PANTAの楽曲『Vanishing Road』。瀬々監督が将来、PANTAがボーカル&ギターを務めるロックバンド・頭脳警察のドキュメンタリー映画『ドキュメンタリー 頭脳警察』(2009年)のメガホンを取ることを知っていると、ニヤリとできる選曲だ。

ミステリアスな娼婦が抱える秘密とは? ドンパチの裏に、男と女の切ないラブシーンあり......「ピンク四天王」の鮮烈なデビュー作『課外授業』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW