"キスの天才"横浜流星、"リアコ製造機"丸山隆平、"爆イケ社長"向井理...『着飾る恋には理由があって』、あなたは誰派?

2021/5/20 16:13

ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系、毎週火曜22時~)には、ヒロイン・くるみ(川口春奈)を取り巻く3人の男性キャラクターが登場する。ルームメイトの駿(横浜流星)と陽人(関ジャニ∞丸山隆平)、社長の葉山(向井理)、あなたは誰がタイプ?

サムネイル
『着飾る恋には理由があって』第6話より


横浜流星の手料理が食べたいし、丸山隆平に人生相談をしたいし、向井理に振り回されたい......イケメンだらけのドラマ『着飾る恋には理由があって』を無料配信中>>

■不意打ち&窓越しのキスが天才的...マイペースなルームメイト・藤野駿(横浜流星)
くるみが住むシェアハウスの住人で、キッチンカーの店主。マイペースで一見何を考えているかわかりにくいが、ルームメイトたちにたびたび手料理を振る舞う優しい性格の持ち主だ。くるみとは「友達以上、恋人未満」の関係だったが、彼女に不意打ちでキスしたことから急速に関係が深まった。ふたりは互いに「好き」と告白しており、5月18日に放送された第5話では、車の窓越しにキスする場面もあった。

■相談しているうちに恋するわ! 「リアコ製造機」なルームメイト・寺井陽人(丸山隆平)
共にシェアハウスで暮らしている、駿のはとこ。職業はオンラインカウンセラーで、24時間悩み相談を請け負っている。マイルドな関西弁と優しい性格から「はるちゃん」とルームメイトたちに慕われている人物だ。しかし、時にお人よしな性格が仇(あだ)となり、第5話では、勘違いしたカウンセリング依頼者からの熱烈なアプローチに悩まされた。

■神出鬼没で、恋心をかき乱す!? 爆イケ若手社長・葉山祥吾(向井理)
くるみが勤めるインテリアメーカーの元・代表取締役社長。若くして起業し、優れた経営手腕で会社を見事成長させた。過去にくるみが思いを寄せていたのも納得のデキる男だ。第1話で、葉山は突然辞任して行方をくらませていたが、第5話で再びくるみの前に現れた。ビシッと決めたスーツ姿はもちろん、再登場で披露したラフなパーカー姿もかっこいい。

■こんなの選べるわけないだろ! イケメン三人衆
Twitter上では「駿派」「はるちゃん派」「社長派」がそれぞれ盛り上がっている。「世界一優しいちゅー 駿...あなた天才よ」「はるちゃんかっこよすぎるマジで好きですリアコ」「メガネでラフな格好の葉山社長がドストライクすぎる」といった声が続出しているほか、「どっちもいい、選べない」といった声も寄せられている。

なお、5月25日に放送される第6話で、くるみ、駿、陽人らが暮らすシェアハウスの新たなメンバーとして葉山(向井理)が加わる。くるみは、かつて好きだった葉山と次第に距離が近づくが、一方で駿との心の距離は遠ざかってしまう――。

横浜流星の手料理が食べたいし、丸山隆平に人生相談をしたいし、向井理に振り回されたい......イケメンだらけのドラマ『着飾る恋には理由があって』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW