バーチャルアイドルとの会話が下心見え見え! 志尊淳のオタク役が新鮮な映画『携帯彼女+(プラス)』を無料配信中

2021/5/21 16:51

映画『携帯彼女+(プラス)』(2012年)を動画配信サービス「GYAO!」にて5月24日23時59分まで無料配信中。当時17歳の志尊淳がオタクな学生役を演じており、バーチャルアイドルにデレデレする姿が新鮮だ。

サムネイル
『携帯彼女+(プラス)』出演の志尊淳


オタク役・志尊淳がバーチャルアイドルにデレデレ......衣装からのぞくおへそと太ももを凝視し、アイドルの好感度を下げる姿が笑える! 映画『携帯彼女+(プラス)』を無料配信中>>

本作は、ケータイ小説を原作としたホラーサスペンス『携帯彼氏』シリーズの第4弾。和也(志尊淳)は、オタク仲間から勧められた美少女育成アプリゲーム「アイドルプラス」にハマる。そんなある日、和也は、クラスメイトの杏子(逢沢りな)から、旧友から突然送りつけられた「アイドルプラス」を消去してほしいと頼まれる。しかし、なぜかアプリが削除できない。実は、「アイドルプラス」には「ゲームの点数がゼロになるとプレイヤーが死ぬ」といううわさがあり――!?

公開当時17歳だった志尊が演じたのは、まさかのオタク役。伸びっぱなしの髪に眼鏡をかけて、いかにもなオタクキャラに変身し、お気に入りのアニメについて熱弁している。志尊が演じた和也は、3次元の女子は苦手だが、ゲーム内のバーチャルアイドルにはメロメロ。アイドルの着替えを盗み見しようとしたり、衣装からのぞくおへそと太ももを凝視してゴクリと唾を飲み込んだり、こんな志尊淳の演技は見たことがない!? 「汗もかいたことだし、衣装、着替えようか」と下心全開の発言をして、アイドルの好感度を下げる姿が笑いを誘う。

順調にバーチャルアイドルを育てる和也に反し、杏子はうまく育成ができずにゲームの点数がどんどん下がっていく。やがて、ほかのゲームプレイヤーが次々と死んでいき、ふたりもピンチに追いやられる。和也と杏子は、この謎のゲームを終わらせることができるのか?

オタク役・志尊淳がバーチャルアイドルにデレデレ......衣装からのぞくおへそと太ももを凝視し、アイドルの好感度を下げる姿が笑える! 映画『携帯彼女+(プラス)』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW