オカルト、科学、ミステリー、不気味な世界観に引き込まれる... 京極夏彦原作の映画『魍魎の匣』を無料配信中

2021/5/24 17:30

直木賞作家・京極夏彦の人気小説を実写化した映画『魍魎の匣』(2007年)を動画配信サービス「GYAO!」にて5月28日23時59分まで無料配信中。四肢切断といった残虐な描写も多いが、オカルトや科学、ミステリーが融合した独特の世界観にぐいぐい引き込まれる。

サムネイル
映画『魍魎の匣』


堤真一、阿部寛、椎名桔平、黒木瞳、宮藤官九郎、柄本明、篠原涼子......豪華キャストの熱演が光る! 京極夏彦原作のサスペンス映画『魍魎の匣』を無料配信中>>

本作は、累計発行部数1000万部を突破した京極夏彦の『百鬼夜行』シリーズの映画化第2弾。シリーズ最高峰と名高い原作小説は、「第49回日本推理作家協会賞」の長編部門で受賞を果たしたサスペンスだ。

物語の舞台は、戦後間もない昭和27年の東京。世間では、美少女連続殺害事件が発生し、「不幸をハコに閉じ込める」という怪しげな宗教団体が勢力を増していた。それぞれの謎を追っていた探偵や作家、記者、刑事らは、真相解明を求めて古書店「京極堂」店主・中禅寺(堤真一)の元に集う。彼は、全ての事件に関わる「ハコ」に隠された謎を解くことができるのか――?

妖怪、宗教、猟奇殺人、人体実験など、不気味な要素がふんだんに詰め込まれた原作の世界観は、実写化によって、一層生々しく迫ってくるものがある。特に残虐描写は非常にリアルで、少女が四肢を切断された状態で箱詰めにされているシーンは、目を覆いたくなるほど。大量の血を流しながら床を這(は)う少女の姿に加え、切断された手足が詰まっている引き出しや、死体に群がる魍魎(もうりょう)の描写も恐ろしい......。

なお、主人公の「京極堂」こと中禅寺役を堤真一が演じているほか、共演者らも阿部寛、椎名桔平、黒木瞳、宮藤官九郎、柄本明、篠原涼子と豪華な顔ぶれがそろっている。独特の世界観の中で繰り広げられる、若き日の名優たちの演技にも注目だ。

サムネイル
映画『魍魎の匣』


サムネイル
映画『魍魎の匣』


堤真一、阿部寛、椎名桔平、黒木瞳、宮藤官九郎、柄本明、篠原涼子......豪華キャストの熱演が光る! 京極夏彦原作のサスペンス映画『魍魎の匣』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW