故・田村正和さんの代表作『古畑任三郎』を無料配信中 犯人役・イチローとの"神"演技合戦を見よ!

2021/5/21 18:50

俳優の田村正和さんが4月3日に心不全で亡くなっていたことがわかった。77歳だった。動画配信サービス「GYAO!」では、田村さんの代表作『古畑任三郎』シリーズの中でも傑作と名高い、元プロ野球選手・イチロー氏の出演回『フェアな殺人者』を無料配信中。

サムネイル
『古畑任三郎スペシャルシリーズ』


古畑任三郎よ、永遠なれ! 当時、現役メジャーリーガーだったイチロー氏との共演が激アツ......神回と名高い『古畑任三郎ファイナル「フェアな殺人者」』を無料配信中>>


田村さんが主演を務める『古畑任三郎』(フジテレビ系)は、刑事・古畑任三郎の活躍を描いたミステリドラマ。古畑任三郎の飄々(ひょうひょう)としたキャラクターや、犯人役を演じるゲストの豪華さ、"喜劇の天才"三谷幸喜が手掛ける脚本などで、熱狂的なファンを大勢抱える人気シリーズだ。

『古畑任三郎ファイナル』(2006年)の第2夜として放送された『フェアな殺人者』で犯人役を務めたのは、なんと放送当時メジャーリーガーとして活躍していたイチロー氏。しかも本人役を演じたというのだから、一層驚きのキャスティングだ。

シーズンを終え、日本に帰国したイチロー選手(イチロー)は、都内のホテルに宿泊していた。そのホテルに、古畑(田村正和)ら刑事もやってくる。警察を退職してホテルに再就職した向島(小林隆)を訪ねてきたのだ。古畑たちは、向島から「自分とイチローは腹違いの兄弟だ」と告白されて衝撃を受ける。そんなとき、ホテルで男の死体が発見され......!?

古畑は、独特の口調でイチロー選手を追い詰めていく。対するイチロー選手も、あくまでもクールに古畑の問いかけに答える。イチロー氏は本業俳優ではないが、ふたりのスリリングなやりとりは見事なものだ。印象的なサインボールのシーンも含め、『古畑任三郎』史上に残る「神回」と語り継がれているのも納得の名エピソードだ。

サムネイル
『古畑任三郎スペシャルシリーズ』古畑任三郎ファイナル「フェアな殺人者」



古畑任三郎よ、永遠なれ! 当時、現役メジャーリーガーだったイチロー氏との共演が激アツ......神回と名高い『古畑任三郎ファイナル「フェアな殺人者」』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW