『PRODUCE 101 JAPAN』新名物トレーナー仲宗根梨乃氏がぶちかます! 練習生に「新しい風を吹かせろ!」

2021/5/27 15:00

"日本版プデュ"ことサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』のシーズン2が動画配信サービス「GYAO!」にて配信中。デビューを目指す練習生たちはもちろん、彼らを熱く指導するトレーナー陣も個性豊かな面々がそろっている。

その中のひとり、ダンスエンターテイナーの仲宗根梨乃氏は、番組の新たな名物キャラと呼んでも過言ではないだろう。世界的に活躍するだけあるパワフルなキャラクターは、初回放送時から注目を集めた。仲宗根氏が考える、世界に通用するアイドル像とは?

サムネイル
PRODUCE 101 JAPAN SEASON2 トレーナー・仲宗根梨乃


パワフルでキュートな仲宗根梨乃がトレーナーを務める『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』は毎週木曜21:00からGYAO!にて無料配信中。世界に羽ばたく11人は誰になるのか?>>


■人生一度きり!"国プ"よ、練習生と共に思いっきり楽しめ!

――仲宗根さんが今回『PRODUCE 101 JAPAN』シーズン2のトレーナーを引き受けた理由とは?

仲宗根:コンサートの総合演出をしていく中で、アーティストともっとコアな部分で関わりたいと思ったからです。また、自分が演技の勉強をする中で広がった表現を生かして、ちょうど後進の育成もしたいと思っていたところだったので、オファーは即OKしました!『PRODUCE 101 JAPAN』は、オファーを機に知ったのですが、シーズン1を見て、夢を叶(かな)えることの素晴らしさ、重要さ、必要さをあらためて感じましたね。練習生の魅力を引き出す協力をしながら、自分自身もトレーナーとしての責任を噛(か)み締め、感謝の気持ちを持って参加しています。

サムネイル
#1 レベル分けテスト/この後「誰かの真似をしないで」と練習生に伝える


――仲宗根さんから見て、『PRODUCE 101 JAPAN』の面白さや意義はどこにあると感じますか?

仲宗根:夢に向かって挑戦する練習生を、視聴者である「国民プロデューサー」が応援する......。国プ(=国民プロデューサー)たちが、練習生のチャレンジにここまで没頭できるのは、国プのみんなの中にも「叶えたい何か」があるからじゃないでしょうか。そう考えると、このプロジェクトってすごく面白い! 国プのみんなも自分の目標を明確にして、練習生の頑張っている姿から刺激をもらってほしいし、自分自身の夢を叶えてほしいと願っています。人生一度きり、思いっきり楽しみながら進みましょう! Sending you lots of love and power! Thank you everyone!(あなたにたくさんの愛と力を送ります! みんな、ありがとう!)

■人生の先輩として「エントリーした練習生みんなに拍手!」

――『PRODUCE 101 JAPAN』には、仕事を辞めるなど、一大決心をしてオーディションに臨んでいる練習生が多数います。彼らと同じく、仲宗根さん自身も人生で大きなチャレンジをした先輩と言えます。

仲宗根:マイケル・ジャクソンに憧れて19歳で渡米したけど、当時は不安は全くなく、ワクワク、ドキドキのみでした。夢を実現させるためには、まずアメリカに行くことが必要不可欠だったから、渡米しないなんて「ありえない!」というメンタルでしたね。もちろん家族からは大反対されたけど、泣きながら説得して(笑)。まだ携帯やインターネットがない時代で、いろいろ大変なこともあったけど、それ以上に現地での経験や発見に対する感動が大きかったかな。

サムネイル
#2 レベル分けテスト/「レベルの高い人といることをプラスに取ってほしい」と訴える


――仲宗根さんのキャリアにおいて、K-POPグループの振り付けを担当したことが転機のひとつだったと思います。SHINeeからオファーを受けたときは、どんな気持ちでしたか?

仲宗根:当時の私は主にダンサーや講師をしていて、振付師としては無名でした。だから、すごくレアなことだったし、うれしかった。オファーを受けたときは「イエーイ! 新しい機会がきたぞ! 初めて韓国行けるぞ! 楽しみー!」といったノリ(笑)。もちろん、緊張感や責任感もありましたけどね。振付を担当する中で、韓国の音楽業界トップのプロフェッショナリズムと、SHINeeメンバーの真剣な姿勢に感動しました。作品に対する反響に自分が一番びっくりして、K-POPのすごさやファンの情熱を実感しました。

サムネイル
#4 グループバトル/(ダンスの表現において)「歌詞がマジで大切」と練習生に伝える


――人生で大きなチャレンジをした先輩として、練習生たちにエールを送るとしたら?

仲宗根:人生一度きり、後悔のないように、まずエントリーした練習生みんなに拍手! 勇気を持ち、夢を叶えるために魂をかけてチャレンジする姿が、もうすでに誰かの心に影響を与えていると思います。「家族、友達、支えてくれている周りの人々、この機会、そして国民プロデューサーに感謝し、新しくできた戦友とともに最後までぶちかませ! あなたにしか作れない新しい風を吹かせろ!」と伝えたいですね。でも、ありのままの練習生みんながすでに完璧で最高! I love you and I am with you.(私はあなたを愛し、共にいるよ)

――オーディション中、印象的だった練習生や出来事はありますか?

仲宗根:えこひいきは絶対ありません。まずそれを伝えた上で、俺は村松健太のファンクラブ第1号です! でも、みんなそれぞれユニークで最高で、マジで全員抱きしめたくなる! 練習生のエピソードは全員分あるけど、長くなるので今回はやめておきます(笑)。一緒に指導している他のトレーナーのエピソードを挙げるなら、菅井秀憲さんとKENZOさんが、練習生の態度を見て教室を出ていったときのことかな。あれは「カッケー!!」と思いましたね。そのおかげで、練習生のエンジンに火が着きましたし。

サムネイル
#4 グループバトル/『Your Number』を披露したグループへのコメント


――仲宗根さんは番組のファンから「菅井ちゃん(菅井秀憲トレーナー)」に続く新たな名物トレーナーとして人気を集めていますよね。

仲宗根:「えええええ!!」という感じでびっくり(笑)。恐縮だけど、そう言っていただけて素直にうれしいな。でも、私は本当はめっちゃSHY(シャイ)ですよー。信じてくださーい。

■練習生のピュアさが新鮮で好きだけど......

――世界で活躍する仲宗根さんから見て、『PRODUCE 101 JAPAN』の練習生と、エンターテイナーを目指す海外の若者たちの間に違いは感じますか?

仲宗根:自分の夢に突き進む姿勢は、どの国の人々も一緒だと思います。感性やスキルの高さ、マインドの違いは、国というより個人によるかな。ただ、『PRODUCE 101 JAPAN』の練習生の中には、初めてパフォーマンスをする人も多く、彼らはまだ世界のレベルを知らない。でも、私はそんな練習生のピュアさが逆に新鮮で好きなんですよ。まだ何も染まらず、今ある環境で自分なりに挑戦していく姿、互いに助け合い、刺激し合い、アイデアを出し合い、成長していく姿は心を揺さぶるものがあります。サバイバル形式のオーディションというエグい環境の中で、そんなピュアさをキープできているところは逆にリスペクトです。

サムネイル
#6 ポジション評価/「みんな生き残れマジで」と練習生を鼓舞する


――世界を目指す日本人アーティストは多いですが、国外で通用するのは一握りです。今の練習生には、何が足りないと感じますか?

仲宗根:世界で活躍している人は、芯が強いし自分自身をさらけ出して表現しています。周りに何と言われようと、自分の執念を突き通す。「誰かに好かれるために作った自分」より「真の自分のままで嫌われたほうがいい」と考えているというか。また、海外で活躍するアーティストたちは、素晴らしいエンターテインメントを提供する以外にも、さまざまな社会問題に声を出して立ち向かっています。自分が体験してきたことを丸ごと表現して、誰かに勇気や愛を与えているんです。練習生はまだ学んでいる最中で、これから学んでいくと思います。

――最後に、仲宗根さんが考える「世界に通用するアイドル」に必要な要素とは、何だと思いますか?

仲宗根:めちゃくちゃファンを大事にすること! コミュニケーション能力は大事だし、世界で活躍するなら語学力も重要。そして、多くの人に影響力を与える存在になりたいなら、何を表現したいかを明確にし、自分の言動に責任を持たなければならない。そのためには柔軟な対応力と強靭(きょうじん)なメンタルが必要だけど、とはいえ完璧な人間なんていないですからね。でも練習生たちは、みんな良心を持っていて、愛にあふれているし、基本はやはり「心」だと思うな。彼らには、ぜひとも素晴らしいメッセージを届けていくアイドルになってほしいですね。

パワフルでキュートな仲宗根梨乃がトレーナーを務める『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』は毎週木曜21:00からGYAO!にて無料配信中。世界に羽ばたく11人は誰になるのか?>>

■仲宗根梨乃(なかそね・りの)
1979年6月11日生まれ。沖縄県出身、米ロサンゼルス在住。19歳で渡米し、ブリトニー・スピアーズやグウェン・ステファニーのワールドツアー、アブリル・ラヴィーンやジャスティン・ビーバーなどのミュージックビデオのほか、アワード賞、映画、CMなどにダンサーとして出演する。2008年のSHINeeのデビュー曲を皮切りに、少女時代、東方神起、BoA、SUPER JUNIORなど数々の韓国アーティストの振り付けを担当。国内ではCrystal Kay、AKB48、SMAP、DREAMS COME TRUEなどの振り付けにも携わる。近年ではSHINeeやNCT127のコンサート演出も手がけながら、自身も女優として活動の場を広げている。2021年4月より配信中の『PRODUCE 101 JAPAN』シーズン2に、トレーナーとして出演している。

■『PRODUCE 101 JAPAN』とは?
プロデュース101(ワンオーワン)は、日本のエンターテインメント界で過去最大級の番組制作規模で行われる巨大プロジェクト。"国民プロデューサー"となった視聴者の投票により、101人の練習生の中から選ばれた11人だけが、ボーイズグループとしてデビューできる。2019年に行われたシーズン1では、最終投票を勝ち上がった練習生11名がグローバルボーイズグループ「JO1」としてデビューした。2021年4月より、同プロジェクトのシーズン2を実施中。

■トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

(取材・文/藤原利絵@HEW