美しき異父姉妹が同じピンサロに流れ着き...日活ロマンポルノ『昼下りの情事 すすり泣き』を無料配信中

2021/6/ 4 18:35

映画『昼下りの情事 すすり泣き』(1977年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて6月19日23時59分まで無料配信中。日活ロマンポルノならではのエロス描写はもちろん、異父姉妹が男に人生を狂わされ、同じピンサロに行き着くストーリーが衝撃的だ。

サムネイル
映画『昼下りの情事 すすり泣き』


姉は議員の愛人でバーのママ、妹は金の亡者......美しき異父姉妹の「性と生」を描いた日活ロマンポルノ『昼下りの情事 すすり泣き』を無料配信中>>

日活ロマンポルノとは、1971年~88年に製作・公開された成人映画レーベルのこと。「10分に1回絡みのシーンを作る、上映時間は70分程度」など一定のルールを守れば、自由に作品づくりができる環境のもと、大勢のクリエイターを輩出した。

『昼下りの情事 すすり泣き』は、異なる父親を持つ姉妹、桐川さなえとみどりの生きざまを描いた物語。姉のさなえは、区会議員の愛人で、バーのママをしている。彼女は過去に男に強姦されて以来、まともな結婚をあきらめ、男にすがって生きる道を選んだのだった。一方、妹のみどりはOLで、男を憎悪している。正反対の生き方を選んだ姉妹は、どんな運命のいたずらなのか、同じピンサロにたどり着く――。

男に散々傷つけられてきた姉妹は、それでも笑顔を浮かべ、ピンサロで客をもてなす。そして、男たちは、姉妹の悲しい過去を知るよしもなく、ただ目の前の快楽に酔いしれるのだ。底抜けに明るいBGMの中、どこか吹っ切れた笑顔を見せる姉妹の姿は、哀れを誘いつつも、人間というものの強さも感じさせる。

サムネイル
映画『昼下りの情事 すすり泣き』


姉は議員の愛人でバーのママ、妹は金の亡者......美しき異父姉妹の「性と生」を描いた日活ロマンポルノ『昼下りの情事 すすり泣き』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW